Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

13億の人口を抱えるインドで広がる新型コロナ 感染危険度はアプリで確認

配信

エキサイトニュース

新型コロナウイルスの感染拡大が続いているインド。13億を超える人口を抱える同国では、3月25日からロックダウンが続き、医療以外にも経済や失業などで多くの問題が起きている。 首都ニューデリーの郊外にあるハリアナ州グルガオンで鍼灸治療院を営む大川淳子さんに、現地の様子を聞いた。 取材/加藤亨延 スラム街での3密が感染拡大をより助長

――新型コロナはインドでどのようにして広がりましたか? 最初の感染者は、1月末に南インドのケララ州で発見されました。中国の武漢から戻った学生でした。その後、3月になって各地で感染者が少しずつ増え始め、3月末にインド全土がロックダウンしました。 ――感染が拡大し始めたのはいつですか? ロックダウン後の4月に入ってからです。インドのムンバイにある、アジア最大のスラム街ダラビなどで感染が一気に広がりました。またここだけでなく、同時期に他の地域でも感染は広がりました。大きなイスラム教の祭事でクラスターが発生し、各地から集まった人たちへ感染を広げたという話もあります。 ――開発途上国ならではの感染拡大の原因などもあるのでしょうか? インドでの感染拡大の原因は、貧困層の多さと、スラム街などの住環境の悪さがあります。貧困層はスラムなどの中では非常に密な状態で暮らさざるをえません。ソーシャルディスタンは取れませんし、手を洗う水すら清潔でないです。マスクや消毒液などは、もちろんない環境です。 ――感染が爆発するかもという恐怖みたいなものは感じられましたか? ロックダウン当初の3月末時点では、私自身はそこまで深刻な印象を持っていませんでした。逆に、いつも楽天的なインド人が、付けたこともないマスクを付け出しました。また東洋人を見たら少し避けるなど、神経質になっていた感じはありました。ただ、4月のムンバイでの感染爆発あたりから、毎日どんどん上がる感染者数のデータを見ていて、私も初めて恐ろしい事態になったと感じてきました。 ――先ほどおっしゃっていたような住環境だと感染が広がるのは早そうですね。 インドでは、貧困層と富裕層、中間層のお互いが非常に近い存在です。そのため、例えば貧困層に感染が広がれば、それは中間層にも富裕層にも広がる可能性があります。 中流家庭以上の家では、必ずお手伝いさんや運転手を雇っており、持ちつ持たれつの関係です。また、お手伝いさんなどは勤務先に歩いて行ける場所に住んでいます。そのためインドでは、高級住宅街エリアの裏には必ずスラム街があり、両者はかなり隣接しています。 ――ロックダウン中はどうですか? ロックダウン開始当初から、家族以外の人(お手伝いさんや運転手)の家の出入りが禁じられ、感染拡大防止策が取られています。私たちのアパートでも、ロックダウン中は彼らを私たちのアパートに入れることはできない状態です。 生活必需品はスマホのアプリでデリバリー

【関連記事】