Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

平沢復興相が初登庁「責任の重さを痛感」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

各省庁では17日、閣僚の引き継ぎ式が行われます。初入閣の平沢勝栄復興相は初登庁し、引継書に署名しました。 田中和徳前復興相からの引き継ぎは、新型コロナウイルス対策のため、アクリル板越しでした。 平沢勝栄新復興相「(来年は被災10年の)節目の年にあたって何をやるべきか、今までの中で継承していくことは何なのか、今までやってきたことの中で改めていった方がいいのは何かを、しっかり検討させていただきたい」 その後、平沢新復興相は職員を前に挨拶し、「福島県育ちなのでお祝いの言葉ももらうが、責任の重さを痛感している」「霞が関の縦割り、既得権、前例主義の打破が必要だ」などと述べました。

【関連記事】