Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キツネ、カワウソ、鳥…… カメラマンが捉えた、31枚のかわいらしい野生動物の子どもたち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

オッシ・サーリネン(Ossi Saarinen)さんはフィンランドの写真家だ。 自然界の動物の赤ちゃんを撮影し、キツネやカワウソ、アザラシといった生き物たちの生活を記録している。 【全画像をみる】キツネ、カワウソ、鳥…… カメラマンが捉えた、31枚のかわいらしい野生動物の子どもたち 動物たちを安全に撮影することに人生を捧げているサーリネンさんは、写真を撮るために真夜中に起きたり、森の中で眠ることもあるという。 「ネイチャーフォトの一番楽しいところは、野生動物に囲まれて自然の中に身を置き、彼らの日々の生活を観察し、追いかけることができることです」とサーリネンさんはInsiderに語った。

オッシ・サーリネンさんは、フィンランド出身の写真家だ。

サーリネンさん(23)は自然が大好きだと、Insiderに語った。 「子どもの頃から自然、中でも野生動物が大好きで、関心がありました」 「文字が読めるようになる前から、鳥の本をどこにでも持ち歩いていたんです」 サーリネンさんが最初のカメラを手に入れたのは15歳の時だった。18歳になってから動物を撮り続けている。

15歳の時に初めてのカメラを手に入れ、18歳になってから動物を撮り始めた。

「18歳になるまでは、自分の目か双眼鏡を使って動物を観察していました」とサーリネンさんはInsiderに語った。「でも、同じことをカメラでやるようになって、自分が自然の中で体験したこうした美しい瞬間を他の人たちとシェアできることに気付きました」という。 「ただ見るのではなく、良い写真を撮ることの難しさが全てをよりエキサイティングにしました」

写真を撮る時の優先事項は動物と一緒にいることだ。

「ネイチャーフォトの一番楽しいところは、野生動物に囲まれて自然の中に身を置き、彼らの日々の生活を観察し、追いかけることができることです」とサーリネンさんは言う。 「写真を撮ることは二の次です」

撮影に慣れるにつれ、サーリネンさんは動物の子どもにレンズを向けるようになった。

「自分にとって最初の、最も記憶に残る動物の子どもとの出会いは、恐らく2017年5月の、当時まだ自分が住んでいた実家近くで見つけたとても小さなかわいらしいキツネの子どもとの出会いです」とサーリネンさんは言う。 「あれは夢が叶った瞬間でした。その時、動物、中でもその子どもの写真を撮るのが自分のやりたいことだと気付きました」 「あの日から、自然の中を歩き、動物を待つことにもっと時間を使うようになりました」

【関連記事】