Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大倉忠義の仕事の流儀「人との縁」を大切に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 アイドルグループ関ジャニ∞のメンバーである大倉忠義が、最新作映画『窮鼠はチーズの夢を見る』で、大学時代の後輩・今ヶ瀬渉(成田凌)から思いを寄せられる男性・大伴恭一を自然体で好演。劇中では、成田との濃厚なラブシーンを披露するなど、新たな大倉の一面を垣間見ることができるが、本作出演には大倉なりの仕事に対する信念が見え隠れする。 【動画】『窮鼠はチーズの夢を見る』本編映像  原作は、水城せとなの人気コミック。大倉演じる大伴は、妻から浮気調査を依頼された今ヶ瀬に、自身の浮気現場の写真を元に関係を迫られる。そして学生時代から大伴に思いを寄せていた今ヶ瀬の押しに負け、関係を続けてしまうという役柄だ。

 映画のなかには、男性同士のキスシーンやベッドシーンも多数登場する。大倉にとって、出演するまでに大きな葛藤があったのでは……と想像してしまうが、本人は出演を即答したという。「もちろん、作品の中身というのも大事なことなのかもしれませんが、僕にとって一番大切なことは人との縁です。魅力的な人と時間を共有すること、そこで豊かな時間を過ごすことが最も有意義なことだと思っています」とスタンスを述べる。

 そこにはメガホンをとった行定勲監督への絶大なる信頼もあったようだ。「僕はあまり映画への出演はありませんが、行定監督はこれまでにすごく面白い作品を残していらっしゃる監督というイメージがありました。『この方とやってみたいな』と思っても、なかなか自分の思う通りにはならないのがこの仕事。そんななか、こうしてお話をいただけたことに対して断る理由がないです」と笑う。

 一方で、俳優業というのは大倉にとっては非常に難しい仕事でもあるそう。「普段僕はあまり感情に波がない。もしかすると知らぬ間に自分を抑えてしまっているのかもしれませんが、だからこそお芝居で感情を吐露することは、深いところの感情を呼び起こさなければいけない。それはすごく苦しいことなんです」

 「『ヨーイ、スタート!』の声でスッと役に入り込む器用さがないんです」と語った大倉。自分の芝居に満足できないこともあり、撮影現場で苦い思いをすることも多々あった。しかし大倉にとって“満たされない感情”こそが、なにかをするモチベーションになっているというのだ。「現状に満足することも大切なことだとは思いますが、なんとなく僕はそれだとダメになっていきそうで、自分を追い込むというか、満たされない自分を作って、そこに危機感を抱くことが原動力になっています」

【関連記事】