Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソロキャンパー・ヒロシが語る!役に立つ&楽しい「キャンプ料理道具」の世界

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クックパッドニュース

おうちでも使える!ホットサンドメーカー

1人でキャンプを楽しむ“ソロキャンプ”の様子を配信し、YouTuberとしても活躍中のヒロシさん。8月には書籍『ヒロシのソロキャンプ ~自分で見つけるキャンプの流儀~』が発売され、キャンプ本として異例の大ヒットになるなど話題を集めています。今回はヒロシさんに、ご自身が愛用しているおすすめのキャンプ道具について語っていただきました。実用性の高いものから、趣味として楽しめるものまで、3つの道具を紹介します。 ■ ■ ■ ーー以前、キャンプ場でお米を炊いたりパンを焼いたりするのに使える「クッカー」をおすすめしていただきました。今回は、キャンプごはんでヒロシさんがおすすめする道具を3つ挙げていただきたいです。 はい。まずおすすめなのが、直火で使えるホットサンドメーカーですね。僕は、ソロキャンプを始めた5年くらい前に、バウルーというメーカーのシングルタイプのものを3000円ちょっとで買ったんです。今は高くなっちゃっているんですが、他のメーカーからもたくさん出ています。 ーーホットサンドメーカーは、直火式・電気式問わず人気ですね。忙しい朝でも、手軽に素早くおいしいホットサンドが作れますから。 よくわかりませんが、女性はこういうホットサンドとかパンケーキとか、好きなんですよね? なんかワクワクするんでしょ? 僕はおっさんだからワクワクはしないんだけど、これでパンを焼くと、うまさのレベルが、普通のトースターで焼くのとは違うんです。キャンプ以外に家のコンロでもよく使っています。 ーーヒロシさんはこれを使って、どんな料理を作るんですか? 難しいことはせず、食パンを置いて、ハムや野菜など好きなものを挟むだけですね。それで片面1分半くらい焼いて、反対側も1分くらい焼いて完成、みたいな感じです。途中で中の様子を見ながら、焦げ具合は各々の好みにすればいいです。僕の場合は、具材は挟まず、バターを上下に引いて食パンだけで焼いたり、チーズを挟んで焼いたりといった使い方が多いです。 すごくおいしいのは、最初にチーズを置いて上に食パンを乗せ、その上にチーズ→食パン→チーズという順番で重ねて、挟んで圧縮して両面焼いたもの。カリカリのチーズに包まれて、中にはとろけたチーズが入っているホットサンドがかんたんにできますよ。 ーー聞いただけで唾が口の中に溜まります……。ちなみにヒロシさんがこのホットサンドメーカーを選んだ理由はなんですか? いや、これが入っていた元箱がレトロな感じでカッコよかったんですよ。まぁ箱はすぐに捨てたので、意味はないんですけど。 ただ、表面が平らなところも気に入っています。直火式のホットサンドメーカーって可愛い焼き目模様がつくように表面が凸凹になっているものや、食パンを真ん中で分けるためにくぼんでいるものが多いんですね。でも、僕のキャンプは「無骨」がテーマなので、可愛い模様がつくのは嫌だったんです。 あと、基本は食パンを焼くのに使うのですが、他にもいろいろ使えるんです。上下で挟むから蓋をする形になるでしょ? 水分が逃げにくいから、これで肉を焼くとジューシーなまま両面焼けるんです。 あとは冷凍餃子も油を引いて焼いたりするんですが、フライパンだとひっくり返す時に失敗しがちですよね。これならば挟んだまま裏返しにできるから、失敗しません。餃子は焼きすぎると焦げてくっついちゃうので、もんじゃ焼きのコテとかで鉄板と餃子を少し剥がしてから裏返す、といったひと工夫はしていますけどね。餃子のきつね色の焼き目は、動画でも映えるんですよ。 こういった使い方をするので、真ん中のくぼみがないほうが使い勝手がいいんです。

【関連記事】