Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型車「MX-30」の「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」にパイオニア製スピーカーシステム採用

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

 パイオニアは10月12日、マツダが発売する新型車「MX-30」のオーディオシステム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」に、同社のスピーカーシステムが採用されたと発表した。 【この記事に関する別の画像を見る】  マツダ・ハーモニック・アコースティックスのスピーカーシステムは、Aピラーに2.5cmのトゥイーター×2個、フロントドアとリアドアに8cmのミッドレンジ×4個、カウルサイドに12cmのボックスウーファー×2個、計8個のスピーカーで構成されるサウンドシステム。  高音質パーツの採用に加え、ウーファーをフロントドアではなくカウルサイド(車両前方コーナー)に設置、最適化することで、音の伝搬効率を向上させるとともにノイズを大幅に低減させたという。  同スピーカーシステムが採用されたのは、「MAZDA3」「CX-30」に続き、3車種目。音質にこだわり抜いた製品を生み出してきたパイオニアの音響技術・ノウハウと、マツダのサウンドアーキテクチャに基づいたスピーカーレイアウトを組み合わせることで、原音に忠実でクリアな音質を実現させるとしている。

Car Watch,編集部:椿山和雄

【関連記事】