Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダ「ハイネスCB350」インド発表のスペックと価格、車両の鮮明な姿が明らかに!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

インド価格は19万ルピー(27万円強)!!!

話題騒然のホンダ「ハイネスCB350(H’ness CB350)」がインドで発表されてから一夜、さっそく公式ページができたようなので詳細をお伝えしたい。空冷単気筒エンジンは事前の予想どおり、かなりのロングストロークだった。価格は発表時の映像で現地スタッフが口頭で発表していたものだ。 【写真×5枚】ハイネスCB350のスタイリングとディテール

2グレード構成で、価格は19万ルピーから

2020年9月30日に行われたオンライン発表会で、ホンダの「ハイネスCB350」が発表されたのは既報通り。その後しばらく時間を置いてからプレスリリースと公式ページの情報が入ってきたので続報をお届けしたいと思う。 ちなみにハイネスCB350の綴りについては、プレスリリース内にH’ness CB350またはHighness CB350と記述されている箇所がある。ただ、車両ロゴまわりなどに使われているH’ness CB350のほうがかなり数は多く、こちらが正式な車両名ということになりそうだ。 まず価格について。公式HPには『DLX』および『DLX Pro』という2グレード構成であることが記されているが価格については表記無し。オンライン発表時に口頭で「ワンポイントナイン……」と述べられていたことから1.9 lakhと思われ、日本の表記に直せば19万。現地メディア等で掲載されている価格も19万ルピーであることから、これが正式価格と見て間違いなさそうだ。 19万ルピーは日本円換算で約27万3000円。仮に日本で発売された場合の価格を占うために、ホンダのラインナップからちょうどいい比較対象になるバイクを探したが見つからず。日本生産のアフリカツインが現地価格135万5000ルピー(約221万円)だったりするが、これは参考にならないだろう。とはいえ、かなり戦略的な現地価格であることを考慮しても、日本発売時に60万円程度に収まることが期待できるプライスタグである。 本誌では日本での発売の可能性も高いと睨んでおり、発売時期については来春というセンが濃厚だ。このあたりは情報収集を続けたい。

【関連記事】