Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジェンダーを子どもにどう教える?ジェンダー教育について専門家が白熱トーク!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

知らず知らずのうちに「男とはこうあるべき」「女とはこうあるべき」という先入観を持ち、それを子どもに押し付けたらどうなるのか……? ジェンダー問題に詳しい治部れんげさんと、男性学を専門とする田中俊之さん。専門家の視点、親としての視点から、ジェンダー教育とこれからの子育てについて語っていただきました! ※この記事は2020年1月7日発売LEE2月号の再掲載です。 田中俊之さん 大正大学心理社会学部准教授。男性学の立場から、日本で”男性”と”働くこと”の結びつきがあまりに強いことに警鐘を鳴らす。『男子が10代のうちに考えておきたいこと』(岩波書店)など著書多数。2児の父。 治部れんげさん フリージャーナリスト。ジェンダーに詳しく、東京都男女平等参画審議会委員(第5期)などを務める。『ジェンダーはビジネスの新教養である 炎上しない企業情報発信』(日本経済新聞出版社)など著書多数。2児の母。

我が家のジェンダー教育 自然に刷り込まれるジェンダーを子どもにどう教える?

「息子がおままごとに入れてもらえない!」 田中 うちの息子が3歳のときに「おままごとをやりたい」と言い出したんです。僕は「男の子がおままごとをしちゃいけないなんてことはないから、公園で入れてって言ってごらん」と伝えました。翌日「おままごとに入れて」と言った息子は、女の子から「あっちに行きなさい」と返されたと……。 おままごとは女の子の遊び、だから男の子はダメという意識が、こんなに小さくてもある。家ではジェンダー差別なくと思って話しても、外に出ると違う状況なのは、3歳の息子は混乱するだろうなと。すごく厄介な問題が生じたなと感じたんです。治部さんのお子さんはどうですか? 治部 うちは11歳の息子は割と突破していて、8歳の娘は社会の価値観に過剰適応している印象です。 息子はワンピースを着て学校に行った男の子が主人公の本を読んで、同じように妹のワンピースを着てみたり、赤ちゃんが大好きなのにクラスの女子に「赤ちゃんのお世話をするのは女の子」と言われて「そんなの誰が決めたの?」と反論して「俺の勝ち!」と誇らしげ。 一方の娘は、うちは事実婚で私だけ名字が違うので「お友達はみんな家族と同じ名前。ママも同じ名字になろうよ~」と言うんです。いわゆる「普通」の感覚を家庭に持って帰ってくる。どうでもいい相手ならいいのですが、娘のように尊重したい相手とぶつかったらどうするかはすごく悩みどころです。 「ジェンダーに適応する娘。過度な一般化は避けて話す」「家庭と社会のジェンダーギャップに愕然とすることも」 田中 息子は最近かわいいと褒めると「かわいいじゃなくて、かっこいい!」と反論するようになったりして。どう伝えていけばいいのか、難しいですよね。 治部 外で受ける影響や知識はある程度仕方ないとして、わが家では、子どもの前で過度な一般化は避けるようにしています。 息子はいつもギリギリに宿題を仕上げるので、娘は「だから男子はダメ」と言い出す。でも男子でもしっかりした子も、やさしい子もいるよねとフォローはしています。 あと、私は運転が苦手なのですが、放っておくと女だから地図が読めないということになるといけないので「うちはこうだけど、お友達の家はママが運転するよね」と話しておく。ジェンダーの問題にぶつかったときに、地道に伝えていくしかないのかもしれません。

【関連記事】