Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【姑にドン引き】病院に〇〇持ってくる? 義母の困った出産見舞い

配信

ファンファン福岡

経産婦の私。 確かに、1人目に比べたら、2人目の出産は楽でした。 しかし、中8年のブランク出産。 1人目を出産した20代の頃に比べ、年齢的にも体のダメージはハンパなく、久しぶりの授乳は乳首が切れて大参事。 それにプラスして、経産婦ならではの後陣痛は、体に響き渡るほどの凄まじい痛み・・・。 もはや、お見舞いすらもありがたく受け入れらる状況ではありませんでした。 入院中は、できるだけ休ませて欲しいのが本音でした。 でも、だからと言って、避けたくても避け難いのが、義理両親のお見舞い。 医師から処方してもらった鎮痛剤を飲んで、主人に相談し、早く帰ってもらうのを条件に受け入れることにしたのですが・・・これこそが、事件の始まりでした。 大きな百貨店の紙袋を抱え、病室に入ってきた義理両親。 義母は一言も発することなく赤ちゃんへ一直線に向かいます。 「え?」 内心戸惑いつつも、そこは大人の私。 「孫は気になるよね、うんうん。」と静かに見守っていたのですが・・・ 「どっちに似ているかな?」と、義母からの記念すべき第一声。 「ハイ?」 えっと・・・ まだ、目も開いてない赤ちゃんですよ? どっちに似ているかなんて、生まれたばかりのおさるさんみたいな顔で判断できるわけがないし。 産後のお見舞いといえば、お祝いだけではなく、ねぎらいの言葉もいただけると思っていた私は、茫然。 依然「出産、おめでとう!」「大変だったでしょ?体の方は大丈夫?!」などの言葉は聞こえてきません。 私の具合いが良くないことを主人から聞いて知っているはずの、義母。 出産経験があるなら、同じ女性として産後の辛さは分かっているはず。 だからこそ、産後の労わりや配慮はあって当然だと思っていたのですが・・・完全に、私が甘かった。 すぐにでもお見舞いを置いて帰ってもらおうと適当に受け答えをしていた、その時。

「ハイ、お見舞い!」 と、義母は私に百貨店の紙袋を差し出しました。 待ってました!!! 中身は何だろう? 百貨店ということは、ブランドのベビー服かな? センスが合わなかったらどうしよう・・・。 一瞬にして、色々な思いが、私の頭の中を駆け巡りました。 笑顔で紙袋を受け取ったその瞬間。 想像以上の紙袋の重さに、事態は一転したのです。

【関連記事】