Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アプトがアウディ A6オールロードクワトロ 新型をカスタム、408馬力に…欧州発表

配信

レスポンス

アプト・スポーツライン(ABT Sportsline)は6月24日、新型アウディ『A6オールロードクワトロ』(Audi A6 allroad quattro)のカスタマイズプログラムを欧州で発表した。 画像:アプト・スポーツラインの新型アウディ A6 オールロード・クワトロ のカスタマイズプログラム アプト・スポーツラインは、ドイツに本拠を置き、アウディとフォルクスワーゲンのトップチューナーとして知られる存在だ。アウディと協力し、「フォーミュラE」にも参戦している。 ◆A6アバント新型をベースにしたSUV A6オールロードクワトロは、新型が4世代目モデルだ。歴代モデルは、『A6アバント』をベースに車高を引き上げ、オフロードへの乗り入れを可能にしたSUVとして開発された。新型A6 オールロードクワトロも、その手法を受け継いでいる。 新型A6オールロードクワトロは、新型『A6アバント』がベースとなる。新型A6アバントに対して、車高は45mm引き上げており、標準状態での最低地上高は139mmとした。ホイールアーチトリムは、スカンジウムグレー。ブレードとアンダーボディプロテクションは、アルミ調仕上げだ。ルーフレール、ディフューザートリム、リアガーニッシュは、ブラックまたはアルミ仕上げになる。シルトリムには、「オールロード」のロゴが添えられた。シングルフレームグリルは、縦長のアルミ製ストラットを備えたデザインだ。 また、新型A6オールロードクワトロには、フルタイム4WDの「クワトロ」、オートロック式センターディファレンシャル、高さ調整可能なエアサスペンションが装備されている。 ◆ガソリン/ディーゼルともに強化可能な 「ABTエンジンコントロール」 エンジンのチューニングは、ガソリンとディーゼルに対応する。ハイテクコントロールユニットの「ABTエンジンコントロール」を装着することができる。 ガソリンエンジン搭載の「55 TFSI」では、ABTエンジンコントロールによって、最大出力は340hpから408hpへ68hp、最大トルクは51kgmから56.1kgmへ5.1kgm強化された。アプト・スポーツラインによると、最大出力は20%増加しているという。 ディーゼルエンジン搭載の「55 TDI」では、ABTエンジンコントロールによって、最大出力は349hpから384hpへ35hp、最大トルクは71.4kgmから77.5kgmへ6.1kgm強化された。 また、ディーゼルの「50 TDI」ではABTエンジンコントロールによって、最大出力は286hpから330hpへ44hp、最大トルクは63.2kgmから68.3kgmへ5.1kgm強化される。ABTサウンドコントロールのエクスポートバージョンを使用して、排気サウンドをカスタマイズすることもできる。 ◆足元を引き締める複数のアルミホイール アプト・スポーツラインが、スタイリッシュなデザインのアルミホイールを開発した。「ABT FR」ホイールには20インチと21インチのサイズがあり、「ABT GR」ホイールは20インチサイズとなる。 ABT GRホイールは、凹型リムと光沢ブラック塗装が特長だ。ABT GRホイールは、マットブラックも用意されている。ミスティックブラック塗装のABT FRホイールは、クラシックな5本スポークデザインだ。ダイヤモンド加工仕上げのアクセントが施される。 インテリアには、ABTスタート/ストップスイッチカバーとABTシフトレバーカバーを設定した。また、ドアを開けた時に、ABTのロゴを路面にさりげなく投影する「ABTインテグレーテッド・エントランス・ライト」も用意している。

レスポンス 森脇稔

【関連記事】