Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本の教師の仕事への「自信」が特異的に低い理由

配信

ニューズウィーク日本版

<勤務時間の半分以上を、部活指導や事務作業など授業以外の雑多な業務に費やしていることが要因か>

OECD(経済開発協力機構)は5年ごとに、国際教員調査「TALIS」を実施している。各加盟国の教員の労働実態や意識を調べるもので、先日2018年調査の結果レポートの第2弾が公表された。 【グラフ】各国別、教員の勤務時間と仕事への自信の関係 国別の統計表が出ているが、他国とかけ離れた日本の値がちらほら見られる。例えば、以下の項目に対する回答だ。 「I am satisfied with my performance in this school.」 直訳すると「現勤務校での自分の仕事ぶりに満足している」となる。日本の中学校教員のうち、「とてもそう思う」ないしは「そう思う」と答えた人の割合は49.0%、ほぼ半数だ。この数値に違和感はないが、他国の数値はこれよりずっと高い。アメリカは93.4%、イギリスは91.5%、お隣の韓国は81.5%だ。 日本の子どもの学力水準は高い。ICT(情報通信技術)機器もろくになく、授業以外の雑務も多いという悪条件のなか、日本の教員は本当に頑張っている。週の労働時間と絡めてみると、日本の教員の「哀れ」とも言うべき実態が浮かび上がってくる<図1>。 <図1> 日本の教員の労働時間は最も長いが、職務能力への自信は他国と比べて際立って低い。謙虚な回答をしたのかもしれないが、そうした国民性を考慮しても、日本の教員が自信を持てない要因はあるように思う。職務の多くが、専門の授業以外の業務であることだ。 自分の仕事のパフォーマンス、職務遂行能力に自信がないと口にする時、職務としてどういうものをイメージしているのか。教員なら当然「授業」だが、日本の教員は授業以外の雑多な業務を担わされている。 「TALIS 2018」によると、日本の中学校教員の週の平均勤務時間は56.0時間で、うち授業は18.0時間、授業準備は8.5時間でしかない。残りの29.5時間(52.7%)はそれ以外の業務ということになる。会議、事務作業、部活指導などだ。専門性を発揮できる授業の割合は、職務全体の半分にも満たない。 このような国が特異であるのは、<図2>からも分かる。目ぼしい7カ国の勤務時間構造の比較で、「瑞」はスウェーデン、「伯」はブラジルを指す。 <図2> トータルの勤務時間は日本が最も長く、その要因は授業以外の雑務の時間が長いことだ。緑色の「その他」が幅を利かせている。授業と授業準備だけで比べたら、他国とほとんど変わらない。南米のブラジルでは、教員の仕事の95%は授業(準備)となっている。 こういう状況では、自分のパフォーマンスに自信を抱くのは難しい。教えることの専門家であっても、保護者会でモンスターペアレンツに突き上げられたり、経験もない競技の部活指導を任されたりしたら、肯定的な感情は持てない。日本の教員の職務能力への満足感は低いのだが、他国の教員は職務を「授業」と捉えているのに対し、日本の教員はその他の雑務も含めてイメージしているからかもしれない。 教員を「何でも屋」にするのは、彼らの自己肯定感を破壊してしまう。一斉休校で世の中が混乱しているが、学校に教育以外の雑多な機能を負わせている日本社会の「学校依存」の矛盾が露呈した結果ともいえる。 学校のスリム化を図り、社会全体で子どもを育てる環境を構築すべきだ。一斉休校による学校の機能停止が、それを促す契機になればいい。教員の専門職性が明瞭になった時、教員の自信・自尊感情も高まることになる。 <資料:OECD「TALIS 2018 Results (Volume II) : Teachers and School Leaders as Valued Professionals」>

舞田敏彦(教育社会学者)

【関連記事】