Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『Nintendo Direct mini』に海外の反応は? 『モンハン』に絶賛の声集まる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 任天堂は9月17日「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9」を配信した。 【画像】一方、11月発売のプレイステーション5にも『FF16』など大型タイトルが続々 ・『モンスターハンターシリーズ』は大きなサプライズ  ミニとされているが、このところ見た中で最も印象的なSwitchのショーケースで、アクションゲーム『モンスターハンターシリーズ』といった複数の大きなサプライズがあると『GameSpot』は伝えている(参考:https://www.gamespot.com/articles/nintendo-direct-mini-biggest-game-announcements-and-trailers/1100-6482254/)。  2021年3月26日に発売予定の新作『モンスターハンターライズ』は、タイトルの通り、モンスターを狩猟するゲーム。ソフト単品の他、おすすめダウンロードコンテンツをセットにした「デラックスエディション」や2本セット「狩友ダブルパック」も用意されている。  カプコンは、『モンスターハンターライズ』だけではなく、日本アニメ風アートスタイルの『モンスターハンター ストーリーズ2 破滅の翼』が2021年夏リリースに向けて開発中だということもあわせて発表した。単にモンスターを倒すのではなく、モンスターと一緒に戦うことに重点を置いている。また、標準のモンスターハンターゲームよりも、物語に焦点を当てたゲームプレイが特徴だ。  「最大の発表は、盛りだくさんの新作モンスターハンターゲーム」と『The Verge』は報じている(参考:https://www.theverge.com/21441352/nintendo-direct-mini-switch-ori-long-dark-monster-hunter)。  『モンスターハンターライズ』は、オープンワールドゲーム『モンスターハンター:ワールド』を彷彿とさせ、そのスケールを小さくしたようだという。  この最新作が、なぜ次世代のように映るのかと疑問に思っているなら、それはカプコン独自のゲームエンジン「REエンジン」を使用しているためだ、と『NintendoLife』は秘密の種明かしをしている(参考:https://www.nintendolife.com/news/2020/09/yes_monster_hunter_rise_is_running_on_capcoms_re_engine)。  REエンジンで開発することで、いつでも、どこでも、誰とでも楽しめる、新しくて親しみやすいモンスターハンターのエクスペリエンスを提供することを意図しているという。 ・Nintendo Switch最新作が続々と登場  今回の「Nintendo Direct mini」では、他にも多くの発表があった。おうちで爽快エクササイズできる『Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-』は、12月3日発売(参考:https://topics.nintendo.co.jp/article/ed9a7b67-a7bb-4052-a34b-81791fc45381)。シリーズおなじみのハチャメチャなシステムが健在の『魔界戦記ディスガイア6』は、2021年1月28日発売予定だ(参考:https://disgaea.jp/6/)。  冥界の王ハデスの息子ザグレウスが地獄から脱出を目指し、ギリシャ神話をモチーフにした世界でハイテンポなバトルを繰り広げるローグライク・アクション『HADES』は、2020年冬に配信予定(参考:https://www.supergiantgames.com/games/hades/)。謎のマエストロ・バランにより導かれた不思議な12の世界で構成されるワンダーワールドで、80種類以上の衣装を身にまとい様々な能力を発揮する『バランワンダーワールド』は、2021年3月26日に発売予定だ(参考:https://www.balanwonderworld.com/)。  RPG『ルーンファクトリー5』は、2021年春の発売予定(参考:https://runefactory.marv.jp/series/rf5/)。『Ori and the Blind Forest』の続編である『Ori and the Will of the Wisps』や『Into the Breach』『Unrailed!体験版』『ハードコア・メカ体験版』は、ダイレクト終了後に配信が開始した。  Nintendo Switchでは、任天堂が開発した『あつ森』が、最近は話題を集めていたが、サードパーティーのソフトメーカー開発のゲームタイトルも続々と登場するようだ。

Nagata Tombo

【関連記事】