Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2年目の電動バイクレース『MotoE』、その進化に迫る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

2年目を迎えた電動バイクによるチャンピオンシップ、FIMエネルMotoEワールドカップ。電動バイクレースの草創期は決して平たんな道のりではない。それでも少しずつ、MotoEは新しいレースとして歩みを続けている。2年目、そしてこの先のMotoEについて、ニコラ・グベールさんに話を聞いた。

エグゼクティブディレクターに聞く2020年電動バイクレース『MotoE』のいま

7月19日、スペインのヘレス・サーキットで、17名のモトEライダーがグリッドに並んだ。シグナル消灯とともにキィーン、という高いモーター音を発しながら、ライダーたちが1コーナーに飛び込んでいく。エキゾーストノートを奏でないという点を除けば、モトGPクラスなどと変わらない、激しいレースだ。 モトEは、2年目のシーズンの開幕戦をヘレスで迎えた。今季はワンメイクマシンのエネルジカ・エゴ・コルセやミシュランタイヤのアップデートのほかにも、レースとして新しい試みが予定されている。第3戦からは昨年の最終戦バレンシアGPで導入されていた、レース中のタイヤ温度を公開予定。そしてもう一つ、新たに検討されているのが『レース中のバッテリー残量の公開』だ。 「バッテリー残量をお見せすることで、これが電動バイクレースだと示したいのです」と、モトEエグゼクティブディレクターのニコラ・グベールさんは言う。 モトEは、すべてのライダーが全開で攻めて走り切れるようレース周回数が設定されている。それは、バッテリー残量を考慮しない、激しく魅力的なレースを生んだ。 「しかし、バイクには内燃機関のそれと外見的な違いが少ないので、ノイズがないことに気付かなかったり、コメンテーターの話を聞いていなかったら、きっとそれが電動バイクレースであるとわからないでしょう」 グベールさんは、バッテリー残量を公開する理由をそう説明した。とは言え、モトEがタイヤの温度、バッテリー残量などのこれまでにない情報とともに楽しめるレースになるのではないか、という可能性としても感じられるのだ。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ