Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バイク乗りに新しいスタイルを。アライ『ラパイドNEO オーバーランド』デザイナー加藤ノブキの提案

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バイクのニュース

単体ではなく「トータルでデザインする」

 加藤ノブキさんはこれまで、漫画家やイラストレーター、絵コンテライターなど、様々な分野で活躍してきました。最近では腕時計メーカーSEIKOの広告イラストデザインや、イタリアの2輪メーカー「FANTIC(ファンティック)」の日本での広告などを手掛けています。 【画像】バイクに乗る時のスタイルは?(10枚)  自らもバイクを深く愛する、バイク歴20年以上のバイク乗り。2019年、2020年にはバイクをテーマにしたイラスト展を計3度、開催しました。  2020年6月にアライヘルメットから新発売となった『ラパイドNEO オーバーランド』は、ストリートとミリタリー、アウトドア、スポーツという、これまでのバイクファッション、そしていま一般的となっているファッションの要素を取り入れたヘルメットです。そのスタイリッシュながら、どこか親しみ深いデザインが話題を呼んでいます。  加藤さんがこのヘルメットをデザインする際、「バイクファッションをトータルでデザインする」というコンセプトがありました。だからこそ、『ラパイドNEO オーバーランド』をかぶる“いまのバイク乗り”がどんなジャケットを着てどんなパンツを身につけ、どんなシューズまたはブーツを履くのか……というところまでイメージを膨らませていました。

 実際に描かれたイラストを見せてもらうと、これまでのイメージを、良い意味で裏切る格好をしたバイク乗りたちがそこに存在していました。ウインドブレイカーを着込み、足元にはスニーカー。『ラパイドNEO オーバーランド』と調和した服装に身を包む、バイクを楽しむ人たちのイメージです。  そのイラストには、可能性をとどめてしまうような枠はありません。加藤さんが提案したいのは“いま、格好良いバイクファッション”です。もっと自由に、開放しよう、というメッセージが感じられます。

“バイク乗り加藤ノブキ”のファッション

 そんな加藤さん、最近はモトクロス用のライディングギアであるモトジャージに可能性を感じているそうです。 「モトジャージは、アウトドアブランドの『POLeR(ポーラー)』なども出しているのですが、モトジャージとアウトドアは、同じ土の上で遊ぶというところから、すごく相性がいいんですよ。アウトドアは以前からブームで、アウトドアファッションは、すでに市民権を得ています。『THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)』や『Columbia(コロンビア)』とかね。モトジャージも一般的なファッションアイテムとして、成立し始めているように思います」  もともとバイク乗りのファッションだったライダースジャケットが一般的なファッションとして広く浸透しているように、モトジャージにもその可能性がある、加藤さんはそう考えています。  ちなみに取材当日も『Deus Ex Machina(デウスエクスマキナ)』のモトジャージを着用していました。長袖ながらメッシュ素材なので夏でも涼しく、いろいろなファッションに合う使い勝手の良さがあるそうです。  実際にモトクロスを走るときには、この下にプロテクターを装着するものです。ゆったりしたつくりなので、街乗りでもインナープロテクターを活用できるイメージが湧きます。  この『Deus Ex Machina』は、バイクのカスタムショップから始まったオーストラリアのアパレルブランドで、バイク、サーフィンとファッションを融合させ、一般的なアパレルブランドとして認知されているのだそうです。

【関連記事】