Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

有料レジ袋の「たった5円」が惜しくてたまらない人に教えたい イギリス流の「第3の選択肢」とは

配信

アーバン ライフ メトロ

対応が分かれる都内在住者

 2020年7月1日(水)に始まった、プラスチック製買い物袋(レジ袋)の有料化。この新制度に関し、さまざまなメディアが国民の賛否両論の声を紹介しています。 【1万人アンケート】あなたはレジ袋有料化に賛成ですか? 反対ですか? 結果を見る  筆者も首都圏に暮らす知人たちに、どのようにこの有料化に対応しているのか聞いてみました。大きくふたつの傾向があり、家庭ごみを捨てるためにレジ袋を二次利用するかどうかが分かれ目となっているようです。  まず「できる限りマイバッグで対応する」というのは、家庭ごみを市町村指定の有料ごみ袋に入れて捨てている、東京23区以外の在住者たちです。  彼らは、ごみ出しのためにレジ袋を手に入れる必要がありません。たまたま今もリモートワークで自宅にいる人が多かったせいか、買い物に行く機会も限られていて、レジ袋有料化の影響をあまり感じていないようでした。  一方、東京23区内に暮らす人々は、家庭ごみの袋に指定がないため、これまでレジ袋をごみ出し用にフル活用していた人が多くなっています。普段の買い物にはマイバッグを使いつつ、レジ袋も必要なので、ときどき購入するという意見が一般的。  オフィス勤務では、コンビニで買ってきたランチの空き容器を捨てるのにもレジ袋を使います。コンビニに行くときには手持ちのレジ袋を持参し、オフィスで食べ終え、ごみを捨てるときには、別途まとめ買いしておいた小さめサイズの袋(こちらの方がコンビニでレジ袋を購入するより単価が安い)を活用するという、ハイブリッドな人もいて、感心した次第です。

たった5円がなぜ惜しいのか

 マイバッグや使いまわしのレジ袋については、衛生面の問題も指摘されています。そのせいもあってか、都心のオフィス街では、コンビニで買い物した人々が、袋を使わずに手で持ち帰る姿が目立つようになったとも言います。  マイバッグ持参は忘れがちだが、新しいレジ袋を買うのも何となくいや――。1袋あたりたった3~5円なのに、なぜその代金を支払うことに抵抗を覚えるのでしょう。同一商品がスーパーに比べて割高でもコンビニで買っていたような人も、これに関しては割り切れないようです。  理由は、 ・今まで無料だったものにお金を払うのがいや ・商品にお金を出すのはいいけれど、袋にお金を出すのはいや といったところでしょうか。  個人的には、「事前に十分防げた損失」だから悔しいのではないかと思います。スーパーでマイバッグを持参するとポイントがもらえた時代も、マイバッグを忘れると結構ショックで罪悪感さえ感じていたものです。

【関連記事】