Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横峯さくら第1子妊娠発表 「ママとゴルファー」日本での厳しい両立

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 さくらがママになる。  女子プロゴルファーの横峯さくら(34)が8日、所属事務所を通じて第1子を妊娠したことを発表した。現在妊娠5カ月の安定期に入り、出産は来年2月下旬の予定。今季は産休制度を利用し、来年後半のツアー復帰を目指すという。  さくらは「アメリカツアーで活動していた際にプロゴルファーと子育ての両立をしている他国のプロの皆さんを見てきたことがきっかけで私も憧れを持っていました」という。さらに、「アメリカツアーでの1勝、(現在23勝)国内ツアーでの永久シードを目指し活動していく予定です。今後も体調に気をつけて、母としてプロゴルファーとして仕事と子育てを両立していきたいと思っています」と語った。  さくらは、2014年に当時メンタルトレーナーの森川陽太郎氏と結婚。15年から米ツアーに主戦場を移し、たまに国内大会にも出場している。両ツアーとも若手の実力者が多く、今のさくらでは、米ツアー1勝どころかシード権キープも厳しいし、あと7勝もある国内の永久シードも現実的ではない。  子育てを終えたあるベテランプロは、「ツアープロを続けていくこと自体、難しいです」と、こう言う。 「子供が生まれると、母性本能が芽生え、ゴルフに集中できないことが多い。それは当たり前のことで、ちょっと熱が出たとか、いつもよりミルクを飲まないだけでも心配になります。初めての子ならなおさらですし必ずしも健康な体で生まれてくるとも限りません。米国では夫や両親など、家族みんなで子育てをサポートするのが当然だし、米ツアーにはプレー中に子供を預けられる施設もありますが、日本はそのような環境にはない。夫は仕事で忙しいし、『子育ては母親の仕事』という考えがまだまだ根強い。国内では昨年4月に第1子を生んだ若林(舞衣子=32)さんが今季ツアー復帰して、8月のNEC軽井沢で2位になりました。でも、日本で生まれ、育った女性は、ゴルフより大事なものができたら、戦いの場に身を置き続けることはかなり難しいと思いますよ」  ママになったら引退か……。

【関連記事】