Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神打線がDeNA上茶谷に苦戦 五回までわずか2安打

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(23日、甲子園球場)  阪神打線がDeNA先発の上茶谷を前に五回を終えて2安打無得点と沈黙している。  五回、先頭の大山がこの日、2本目となる右前打で出塁。だが、続くボーアが中飛、7番・坂本も左飛に倒れて2死一塁となった。8番・木浪は二ゴロ。好投する先発の青柳を援護したかったが、先制のチャンスは生かすことができなかった。  阪神打線は現在、甲子園で8試合連続本塁打中。今日も飛び出せば1990年6~7月以来、30年ぶりの9試合連続となる。

【関連記事】