Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】子宮筋腫になったら、必ず手術になるの?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

子宮筋腫と聞くと非常に悪い病気で、すぐにでも手術をしなければと思いがちです。しかし子宮のどの辺りにできて、体にどのような影響を及ぼすか、きちんと知らない人も多いのではないでしょうか。必ず手術をしなければいけないほど悪い病気なのか、石川てる代ウィメンズクリニックの石川先生に教えてもらいました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 石川 てる代先生(石川てる代ウィメンズクリニック 院長) 千葉大学医学部卒業後、千葉大学医学部付属病院の産婦人科に入局。千葉市立青葉病院や九段坂病院の産婦人科に勤務した後、平成5年に石川てる代ウィメンズクリニックを開業。水と空気がきれいな国分寺で、女性が健康で元気に生活できるようにサポートしている。

筋腫のできる場所により症状もさまざま

編集部: 子宮筋腫とはどのような病気ですか? 石川先生: 子宮の筋肉が増大して、腫瘍ができる病気です。筋腫は女性ホルモンの関係で、大きくなると言われています。しかし子宮筋腫は良性腫瘍です。ごく稀ですが、「肉腫」という悪性腫瘍でも子宮が大きくなります。 編集部: どのような症状がでますか? 石川先生: 子宮筋腫は子宮のどこにできるかにより、3つに分けられており、筋腫のできた場所によって症状も変わってきます。 編集部: それぞれについて教えてください。 石川先生: 一つ目は筋層内筋腫です。お腹に痛みがあり診察に来て、発覚することが多く、子宮筋腫の中で大きな割合をしめるのがこちらの筋腫になります。 編集部: あと二つについても教えてください。 石川先生: 二つ目は粘膜下筋腫です。この筋腫は出血が多くなり、貧血・めまい・頭痛・動悸などの症状が強くでます。最後は漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)で下っ腹が膨れる、お腹が硬いと感じて受診に来る人が多くいらっしゃいます。 編集部: 症状がでない人もいますか? 石川先生: そうですね。無症状の方もいらっしゃいますよ。そういった方は、主に健康診断で見つかります。 編集部: どのような検査でわかりますか? 石川先生: 疑わしい場合、超音波検査を行います。より詳しい検査が必要なときは、MRI検査を行うこともあります。

【関連記事】