Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

AI外観検査を簡単に可能にするパッケージ製品、検品作業を1台で実現

配信

MONOist

 スカイディスクは2020年4月24日、AI(人工知能)による検品作業を1台で可能にする「AI外観検査機ローコストパッケージ」の提供を開始すると発表した。検品作業の効率化に適した学習データの取得から検品、検査まで、AIによる検品ソリューションを短期間で提供できるようにした。 材質による色のバラつきを許容して汚れを検出、模様を無視してキズを検出(※画像はイメージ)(クリックで拡大) 出典:スカイディスク  同製品は、シナプスギヤが開発した外観検査機に、同機上で動作するAIアプリケーションをパッケージ化。小型の金属パーツやプラスチックパーツなどの検品業務を半自動化する。具体的には、従来目視で行っていた検品作業をAIで自動化し、検品対象のセットと判定結果を人が確認する。  また、画像撮影の仕組みとAIプラットフォームとの接続を利用し、簡単にPoC(概念実証)を実施できる。学習用データは、正常(OK)品300個、異常(NG)品100個を取得するため、短期間で評価を開始できる。  ライン実装までの期間は約3カ月が目安となる。まずユーザー環境にAI外観検査機を納入し、学習用データを取得。その学習用データにOK/NGをラベリングした後、スカイディスクが作成、実装した評価用AIモデルを用いて精度検証する。この過程を経て開発したシステムを使って、運用を開始する。  導入コストは、外観検査機が400万円から、標準AI学習モデルの作成費用(AI開発費用)が150万から。納期や価格は部品数や難易度、撮像機器構成などによって変動する。

MONOist

【関連記事】