Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナウイルス感染で重症化のモンペリエ23歳MFが回復。自発呼吸可能に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フットボールチャンネル

 新型コロナウイルス感染により重症化して入院し、集中治療室(ICU)での治療を受けていることが伝えられていたフランス1部モンペリエのMFジュニオール・サンビアだが、容態は回復に向かいつつあるようだ。仏紙『レキップ』が26日付で伝えた。  代理人がメディアに語っていたところによれば、サンビアは消化器系の問題で入院したあと一旦はコロナウイルス検査で陰性反応が検出されたが、その後は呼吸器系にも症状が表れ容態が悪化。再び行われた検査でウイルス陽性反応が検出され、一時はICUで人工的な昏睡状態に置かれるなど深刻な状態に陥っていたとのことだ。  容態は安定していると伝えられていたが、さらに回復へ一歩前進した。25日には自発呼吸が可能になり、人工呼吸器が外されたとのことだ。今後も引き続き入院治療を続けていく見通しとなる。  クラブからの正式発表は行われていないものの、サンビアはリーグアン所属選手としては初のコロナウイルス感染例になったとみられている。モンペリエは23日に所属選手の一人が消化器系・呼吸器系の問題で入院したと発表するにとどまっている。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】