Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ムロツヨシが感謝!「#オヤハル」トレンド作戦大成功<親バカ青春白書>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

ムロツヨシが主演を務める「親バカ青春白書」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の第2話が、8月9日(日)に放送された。 【写真を見る】可愛すぎる亡き妻・幸子(新垣結衣)との回想シーンもトレンド入りを後押し! 放送中、Twitterには「#オヤハル」、「#ガタローさくら青春白書」などの文字が並び、ドラマ公式ワードがトレンドランクインを果たし、ムロは自身のTwitterでファンに感謝を述べるツイートを投下した。(以下、ネタバレが含まれます) ■ トレンドを逃した謎は"タイトル"にあり 本作は「今日から俺は!!」(2018年、日本テレビ系)チームの最新作で、ヒットメーカー・福田雄一監督が手掛けるオリジナルドラマ。 ムロ演じる小比賀太郎(通称“ガタロー”)はシングル・ファーザーで小説家。最愛の妻・幸子(新垣結衣)を亡くし、男手一つで娘・さくら(永野芽郁)を育て上げたガタローは、筋金入りの親バカで、“娘が大好きすぎて、娘と同じ大学の同級生になってしまう。大学を舞台に、父娘と友人たちが送る青春ストーリーだ。 8月2日(日)の第1話放送後、Twitterには「ムロツヨシ」や「ガッキー」などの関連ワードがトレンド入りしたものの、ドラマタイトルの「親バカ青春白書」が急上昇することはなかった。その理由を、ドラマの公式Twitterは「皆さん Twitterは「バカ」がトレンドインしないそうなので、これからは#オヤハルか#ガタローさくら青春白書でおなしゃす」と書き込み、説明。ムロツヨシも「これで、トレンドインせよ さ、さ、さ、」とファンに呼び掛けた。 ■ 第2話で公式ワードが念願のトレンド入り! 主演俳優らの熱い思いはすぐにファンに伝わり、あっという間にトレンド入りを果たした「#オヤハル」。第2話も、生まれたばかりで赤ちゃんのさくらを、ガタローと幸子が愛おしそうに見詰めるシーンや、父に恋路を邪魔されたさくらから「クソおやじ!」と叱られ落ち込むガタローなど、見どころがたくさんあり、各シーンの感想を共有し合うファンが数多くいた結果がトレンドにつながったのだろう。 ムロも自身のTwitterで「Twitterトレンド 今見たら、半沢直樹とオヤハル、笑 来週は、目指そうかな 半沢直樹とガタロー、笑 ま、見てもらえれば嬉し 改めて ありがとうございます おやすみなさい ガタローより」と、同曜日に放送の「半沢直樹」(TBS系)と並んだことに触れ、ファンへ感謝を述べていた。 ■ 次回はさくらと寛子がミスコンに出場!? 次週、第3話は8月16日(日)放送。学園祭で開催されるミスコンにお金の匂いを嗅ぎつけた美咲(小野花梨)が、グランプリの賞金目当てでさくらと寛子(今田美桜)を勝手にエントリーする。人前に出ることが苦手なさくらは戸惑いながらも、流れで参加することに。ガタローは、娘が好奇の目にさらされることが受け入れられず大反対。さくらの出場を阻止すべく、ミスコン廃止に立ち上がる。(ザテレビジョン)

【関連記事】