Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オプション全部盛りで550万円以下!? トヨタ新型「ハリアー」は買い得? 人気SUVのハイテク装備とは

配信

くるまのニュース

トヨタ初の装備が設定された新型「ハリアー」

 トヨタが2020年6月17日に発売した新型「ハリアー」は、通算4代目となるミドルサイズSUVです。 【画像】高級感がスゴい!? 新型「ハリアー」の最上級仕様を画像で見る(25枚)  洗練されたスタイルが魅力となっていますが、コストパフォーマンスの高さも優れており、旧型(3代目)モデルと新型モデルのエントリーグレードの価格がともに約300万円と、価格が据え置かれていることも話題となりました。  そんな新型ハリアーですが、最上級グレードにオプションをフル装備した仕様ではいったいどれほどの価格になるのでしょうか。

 新型ハリアーの価格(消費税込、以下同様)は、299万円から504万円で、最上級グレードは2.5リッターガソリン+モーターのハイブリッドに電気式4WD「E-Four」が組み合わされた「Z“Leather Package” ハイブリッド・E-Four」となります。  今回はこの最上級グレードに、装着可能なメーカーオプションをすべて装着していきます。 ※ ※ ※  装備されるメーカーオプションのなかで、「トヨタ初採用」として注目されるのが「調光パノラマルーフ」です。  開閉可能なサンルーフですが、調光機能のあるガラスが用いられており、調光時には障子越しのような光を実現します。  ガラスのサイズは前席中心に後席の頭上まで覆う大型タイプで、日中は車内が柔らかい雰囲気で満たされます。メーカーオプション価格は19万8000円です。  ちなみに、同じく「トヨタ初採用」となる前後方録画機能付きのデジタルインナーミラーは、「S」グレード以外の全車に標準装備です。  また、直接目視できない死角も確認できるシースルービュー機能付きのパノラミックビューモニターも、新型ハリアーに設定されています。  画面スイッチで上から見下ろした視点に切り替えることも可能で、運転に不慣れな人でも安心して駐車することができます。メーカーオプション価格は6万500円です。 ※ ※ ※  今回装着されたメーカーオプションは、有償色も含めて全部で7つです。そして、ディーラーオプションとして定番となるフロアマットを合わせると、オプション装備の一覧は次のようになります。 ●メーカーオプション(総額38万2800円) ・有償色:プレシャスブラックパール(5万5000円) ・調光パノラマルーフ 電動シェード&挟み込み防止機能付(19万8000円) ・ITS Connect(2万7500円) ・パノラミックビューモニター シースルービュー機能付(6万500円) ・おくだけ充電(1万3200円) ・寒冷地仕様(1万7600円) ・スペアタイヤ(1万1000円) ●ディーラーオプション(総額2万8600円) ・フロアマット ロイヤルタイプ(2万8600円)  以上の装備を選択した「Z“Leather Package” ハイブリッド・E-Four」グレードのハリアーは、545万1400円となります。 ※ ※ ※  オプションの総額は41万1400円にのぼりましたが、金額の半分近くは調光パノラマルーフが占めています。また、多くの機能や装備が標準となっており、新型ハリアーは上級グレードであってもコストパフォーマンスは高いといえるのではないでしょうか。

くるまのニュース編集部

【関連記事】