Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『浦安鉄筋家族』前代未聞! 撮影場所の家が取り壊し 新居で撮影再開

配信

クランクイン!

 浜岡賢次による人気ギャグ漫画シリーズを、俳優の佐藤二朗主演でドラマ化した『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)より、まだ撮影の半分が残されている中、撮影に使用していた家が取り壊されるという前代未聞の事実が発覚した。 【写真】水野美紀、岸井ゆきの、坂田利夫…『浦安鉄筋家族』大沢木ファミリーキャスト  「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている大人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディ。  佐藤演じる大鉄をはじめ、水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫が個性豊かな大沢木家メンバーを演じ、そのほか、佐藤家を取り巻く個性派キャラクターに、染谷将太、滝藤賢一、大東駿介、斎藤汰鷹、松井玲奈、宍戸美和公らが扮する。スタッフは、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎が監督、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。  テレビ東京史上初(?)となった、今回の取り壊し騒動。水野演じる順子ママは「家、なくなりました。どうすんの!!!??」と大騒ぎとなり、ツイッターにてまさかの14万を超える「いいね!」を獲得。大鉄(佐藤)に至っては、「おい、ちょ、どうすんねん、テレ東、どうすんねん、まあ、い、い、一家の大黒柱として、お、お、俺が、ど、ど、ど、どうにかする(←まるでノープラン)」と大騒ぎを通り越してパニック状態に。この状況に視聴者も「笑い事じゃないんだけど、めっちゃ笑った」と、まさしく家が取り壊された後の更地のように「草生えるwww」状態となってしまった。  そんな前代未聞の大混乱の中、雑草魂を持つテレビ東京&関係者は大沢木家の家探しに奔走。そしてこの度、無事、大沢木家の新居が決定し、その勢いそのまま、撮影再開も決定した。  なお、現在SNSでは、『1万回再生突破!!放送再開まで「浦安鉄筋家族忘れないでダンス」「浦鉄わすダン」でみんなで踊ろう!!』という企画も進行中。サンボマスターによるオープニング・テーマ「忘れないで 忘れないで」のダンス動画や劇伴ダンス動画が公開中だ。  ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて毎週金曜24時12分放送。現在は放送休止中で、放送再開は今のところ未定。

【関連記事】