Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元銀行員が語る、投資初心者が銀行で「つみたてNISA」を始めるべきでない理由

配信

LIMO

投資初心者に人気がある「つみたてNISA」。 つみたてNISAを始めるためには金融機関でNISA口座を開設する必要がありますが、どこで口座を開設しようか悩んでしまいますよね。 この記事の表を見る 筆者はもともと銀行員として働いていたのですが、投資初心者だからこそNISA口座を銀行で開設することはおすすめしません。 今回はなぜ銀行でNISA口座を開設すべきでないのか、その理由についてお伝えします。

そもそも「つみたてNISA」とは

つみたてNISAとは、2018年1月にスタートした積立投資専用のNISAのことを指します。 若い世代にも長期的な資産形成を行ってほしいという思いを込めて2014年から始まったNISA制度でしたが、いざ始まってみると「余裕資金がない」「始め方がわからない」といった声が多く、利用者の大半は中高年が占める結果となってしまいました。 そこで、もっと若年層でも始めやすい投資制度を作ろうと、長期にわたり分散、積立投資ができる制度「つみたてNISA」が誕生したのです。 つみたてNISAにおける一番の特徴は、投資によって得られた売却益や運用益が最長20年間は非課税となることでしょう。(NISAの投資上限額が年間120万円であるのに対し、つみたてNISAの年間投資上限額は40万円) 通常、投資を通して得た利益には20.315%の税金がかかることを考えると、非課税の恩恵を最長20年間も受けることができるのはとてもお得だといえますね。 また、つみたてNISAで扱っている投資信託は金融庁によって厳選されており、2020年4月現在で181本となっています。 金融庁の厳しい審査要件を通過した商品であることから、投資初心者でも比較的投資に失敗するリスクが低いといえるでしょう。

口座開設に銀行をおすすめしない理由

さて、とてもお得なNISA制度ですがNISA口座は1人につき1口座までしか開設できないため、どこの金融機関で開設しようか悩んでしまう方も多いはず。 とはいえ、冒頭でも述べたように投資初心者が銀行でNISA口座を開設することはおすすめしません。 その理由として、 ● 取り扱っている投資信託の数が少ない ● 最低積立金額がネット証券に比べ割高である ● 他商品の勧誘にあう恐れがある といったことが挙げられます。 詳しく見ていきましょう。

【関連記事】

最終更新:
LIMO