Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉沢亮、主演大河の撮影順調「のびのびと楽しく演じています」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 7月下旬にクランクインした、2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』。新型コロナウイルス感染症対策をとりながら撮影が進められている。9月5日には物語序盤の舞台地となる埼玉県内でロケが行われ、渋沢栄一(吉沢亮)・渋沢喜作(高良健吾)・尾高千代(橋本愛)が参加した。幼なじみ3人組の運命が大きく動き始めるシーンで、吉沢は「(渋沢栄一が)こういった場所で生まれ育ったことを考えると、穏やかな広い心を持った方だったのではないかと感じます」と語った。 【写真】吉沢亮、高良健吾、尾高千代との3ショット。撮影の様子も ■吉沢亮(主人公渋沢栄一役)コメント  現場の雰囲気もすごく良く、空気感もつかめてきたような手応えがあるので、いい方向に進んでるなという気がしています。雨で撮影が中断してしまったシーンもありましたが、とても楽しくやっています。<渋沢栄一の故郷・埼玉県でのロケに際して>すごくのどかで、空気もきれいですてきな場所です。このような周りの空気のきれいさとか清さを感じながらお芝居することができているので、のびのびと楽しく演じています。(渋沢栄一が)こういった場所で生まれ育ったことを考えると、穏やかな広い心を持った方だったのではないかと感じます。

【関連記事】