Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大は小を兼ねない! 失敗しないプランターの選び方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NHKテキストビュー

庭や畑がなくても楽しめるプランター菜園。園芸家の深町貴子(ふかまち・たかこ)さんに、プランターの基本を教えてもらいました。 * * * ■プランターの選び方 野菜には種類によって、適したプランターのサイズがあります。例えばトマトのように株が大きく育つ野菜や、サツマイモなど土の中で育つ野菜は深型のプランターで育てます。一方、ホウレンソウなど株が大きくならない葉もの野菜のプランターは、深さ20cmもあれば十分です。また、直径など口の広さは、野菜の種類や株数に合わせて選ぶことが大切です。その野菜に適したサイズのプランターで育てましょう。 ■培養土の選び方 ホームセンターなどでは、さまざまな種類の培養土が売られています。そのなかで野菜の栽培に適しているのは、「野菜用」または「花と野菜用」などと書かれた培養土。それ以外の培養土は、野菜の栽培には肥料分が多すぎるなど、適さないこともあります。また、「トマト用」「キュウリ用」などの専用培養土は、ほかの野菜の栽培には不向きなこともあるので注意しましょう。 ■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2020年4・5月号より

NHK出版

【関連記事】