Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「気持ちよく投げられた」DeNA・上茶谷大河が今季初完封。チームも連敗を3で止め、1日で5割復帰

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 DeNA4―0阪神/9月23日/甲子園球場    DeNAの2年目・上茶谷大河が今季初完封を達成。2位阪神に快勝し、連敗を3で止めた。    阪神・青柳晃洋、DeNA・上茶谷の両先発の投手戦となったこの試合。5回までは両チーム無得点で進む。    試合が動いたのは6回表。DeNA先頭の3番オースティンが四球を選ぶ。続く佐野恵太が右前に運び、局面は無死一、三塁のチャンスに。5番宮崎の打球は高いバウンドの三塁ゴロとなるも、アウトは二塁での一つのみ。三塁走者が生還し、DeNAが先制した。さらに、7回にもソトの3ランで加点した。    上茶谷は試合を通じて計5度、先頭打者の出塁を許した。それでも、3つの併殺を奪い、ピンチの芽を摘み取っていった。9回裏は二死一、二塁を迎えるも、6番ボーアを膝元のスライダーで三振に。力強いガッツポーズで試合を締めた。    終わってみれば自身プロ最多の144球を投げ、奪三振は10を数える力投。得点圏に走者を背負ったのは3回、9回のみで、三塁を踏ませない圧巻の内容だった。    試合後、「地に足をつけて投げることができた」と話した京都府出身の右腕。「地元の関西ということで、阪神ファンの方にも声援をいただいて、気持ちよく投げられた」とマウンドを振り返った。    今後の抱負を問われると「昨年夏バテして落ちてしまったので、今年はこのまま、一つでも多く勝てるように頑張りたい」と上茶谷。「目の前の一戦一戦を勝っていって、差を詰めていきたい」と巨人追撃への意欲も見せた。    DeNAは今日の勝利で再び勝率5割に返り咲いた。首位の背中はまだまだ遠いが、一つでも上の順位へ、選手たちの諦めない戦いは続いていく。 構成●THE DIGEST編集部  

【関連記事】