Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あおり運転の厳罰化の効果は?専門家が教えるあおり運転防止策

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

夏のレジャーシーズンを迎え、これから長距離運転の機会が増えてくると思います。また、新型コロナウィルス感染症のリスク軽減のために、自動車通勤をする人も増えてきているようです。そんな中、心配なのが自動車事故。普通の自動車事故なら、自動車保険で対処ができますが、保険では対処できないのが「あおり運転」。 チューリッヒ保険会社が、全国のドライバー2,230人を対象とした「あおり運転実態調査」を行っているのでご紹介いたします。

■あおり運転の厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法の成立を知っているドライバーは約8割

近年、悪質なあおり運転に起因する事件、事故が多発し、社会問題となっています。2020年6月、あおり運転の厳罰化を盛り込んだ「改正道路交通法」が衆院本会議で可決、成立し、同年6月末に施行となりました。 この「あおり運転の厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法」の認知について、知っているドライバーは78.8%と、悪質なあおり運転に対する、より厳しい罰則への関心の高さがうかがえます。 本年の調査で、あおり運転の厳罰化により、76.9%のドライバーは危険運転が減少すると考えていることがわかり、法改正への期待の高さがうかがえました。一方で、減少しないと答えた理由として70.1%が「危険な運転をする人の心理や行動は変わらないと思うから」と答え、法改正だけでは払拭できない、ドライバーのあおり運転に対する不安が感じられる結果となりました。 *有識者の見解(九州大学 志堂寺教授) 今回の改正であおり運転が法的に定義され、厳罰化されたことにより、警察は取締やすくなり、軽い気持ちであおり運転をしているドライバーに対しては抑止力が働くと思われます。しかし、アンケートでのご意見にもありますが、人間の心理、特に衝動的になったときの心理のパターンを変えることはなかなか難しく、あおり運転が大きく減少するという状況までにはならない可能性も高いように思います。このため、今後も継続して、あおり運転に対する自衛をする必要があります。

【関連記事】