Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

創業約90年の専門店!プロが教える「マグロ」をお店で買うときのポイントとは?

配信

クックパッドニュース

横浜市中央卸売市場の中で、天然本マグロや南マグロ(印度マグロ)、目鉢マグロ、カジキマグロなどを取り扱っている「八清」。創業約90年の鮪問屋として、マグロに関するさまざまな商品を取り扱っています。今回は、八清の代表取締社長であり、マグロのプロである布施是清さんに、自宅でマグロを食べるときの美味しい食べ方についてお話を聞きました。  ◇  ◇  ◇

クックパッドで、「マグロ」と検索をすると、13,934品(2020.6.3現在)ものレシピの投稿を見ることができます。 お取り寄せしたり、スーパーで奮発したりしたマグロを、皆さんはどんな風に味わっているのでしょうか。 決して安くないマグロを家で楽しむのであれば、一番おいしい状態で食べたいものですよね。そこで今回は、鮪問屋「八清」代表取締役社長の布施さんに、自宅で食べるときのマグロの選び方や食べ方をお聞きしました。

お店で買うときは、色が鮮やかなものを選ぶ

スーパーやデパ地下で、美味しそうなマグロを見つけて、「今日は奮発して、マグロを買っちゃおう!」という日がありますよね。 たくさんならんだマグロのサクやお刺身、どれも美味しそうだけど、せっかくなら1番美味しい部分を買って帰りたいですよね。素人にはなかなかわからない、美味しいマグロの見分け方を知っているだけで、人生3倍得する気がします。 「お店でマグロを買うときには、 色が鮮やかで、赤やピンクで綺麗なものを選びましょう。これが美味しいマグロを見極めるポイントです。また、鮮度が命なので、購入後はビニール袋に氷を詰めて空気を入れないように結んだものを作り、刺し身のパックと隙間なく一体化させて、しっかり縛った状態で持ち帰ってください。これを道氷(みちごおり)と言います」(布施さん) やはりマグロは鮮度が命! しっかり氷で冷やして鮮度を保ちながら持ち帰ることが大切なんですね! 「サクで購入した場合は、帰宅後にキッチンペーパーでしっかりと巻き、チルドで冷やしておきましょう。食べる直前に切るのがおすすめです」(布施さん)

【関連記事】