Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダークウェブの隆盛は過去のものに? 179人が逮捕された摘発プロジェクトの効果

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WIRED.jp

それはダークウェブ(闇サイト)を対象に世界規模で実施された史上最大級の逮捕劇となった。なにしろ6カ国で179人が逮捕され、押収されたものは500kgの麻薬に加えて、650万ドル(約6億8,000万円)相当の現金と暗号資産(仮想通貨、暗号通貨)である。 史上最大の闇サイト「Silk Road」をめぐる2つの物語 この成果が発表されたのは9月22日(米国時間)の朝だが、摘発プロジェクト「Operation DisrupTor」の始まりは2019年5月3日にさかのぼる。取り引きが活発だった闇市場「The Wall Street Market」 がドイツの警察当局によって摘発された日だ。これによって国際捜査当局は、麻薬取引に使われる闇サイトの捜査に必要な情報をすべて手に入れたのである。 今回の摘発プロジェクトが長期的に見て、どれだけ闇サイトでの犯罪の阻止に寄与するかははっきりしない。闇サイトを利用した麻薬取引は、「Silk Road」や「AlphaBay」といった大規模な裏市場が閉鎖されても復活する傾向がある。当局の取締りは延々と続くモグラたたきの域を出ないとしても、少なくとも叩くことに関しては非常に上達してきている。

闇市場のサーヴァーが摘発の情報源に

米国ではOperation DisrupTorによって、数十件の逮捕状に基づいて120人ほどが逮捕されている。オハイオ州では「PillCosby」と呼ばれるグループのメンバーが、100万個以上のフェンタニル系錠剤を郵送した罪で起訴された。ワシントンD.C.の検察官によると、デヴィッド・ブライアン・ペイトがオキシコンチンやザナックス、モルヒネの錠剤を数千個、土産用のマラカスに隠していたという。ネブラスカ州の薬剤師は、自身の金になる麻薬取引を利するために、地元の競争相手から麻薬を盗んだあとに爆弾を仕掛ける計画だったとされている。 これらの事件と欧州における数十件の逮捕に共通するのは、捜査が主に昨年のWall Street Marketの摘発に端を発することだ。このときドイツの当局は、サイト運営にかかわっていたとされる被疑者数人と、最も大量の薬物を販売していた売り手2人を逮捕した。『WIRED』US版が確認した情報によると、欧州刑事警察機構(ユーロポール)はWall Street Marketのバックエンドサーヴァーを復元することにも成功し、これにより捜査官は多くの貴重な証拠を入手できたという。 「これにより、今回逮捕された被疑者の特定につながる情報をすべて入手できたのです」と、ユーロポールの報道官クレア・ジョージズは説明する。「わたしたちはこの情報を照合したあと、各関連国にインテリジェンスパッケージと呼ばれるものを送信しました。これは基本的に、あなたの国のこの人物が何をしたのか判明している……といった情報や文書を提供し、調査の開始を促すものです」。ジョージズによると、今後も逮捕者が出る見込みだという。

【関連記事】