Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#みんなの3年間】消えた春の甲子園…傷心書道部が涙し心の声聞き前へ

配信

日刊スポーツ

兵庫県の南東部に位置する芦屋市。東海道本線のJR芦屋駅から、南へ徒歩10分の場所に県立高校がある。 芦屋高は1940年(昭15)に芦屋中として設立された。元サッカー日本代表監督の加茂周氏(80)、元阪急電鉄社長の大橋太朗氏(80)らが巣立ち、近年ではフィギュアスケートの三原舞依(20)が卒業した。 6月、静かだった学校に元気な高校生が戻ってきた。部活動再開の日を待ちわびていたのは、運動部だけではない。校舎3階の書道室にも明るい声が響いた。 書道部はテスト前の部活停止期間に入った2月中旬から約3カ月半、全体での活動ができなかった。この春から選抜高校野球など多くの高校生競技が中止されたが、新型コロナウイルスの影響で書道部の大切な「春」も失われていた。

■センバツのプラカード文字担当だったのに

3月11日、高校野球のセンバツ中止が決定。芦屋は19年に審査が行われた国際高校生選抜書展(書の甲子園)団体の部で2年連続の近畿地区優勝を飾り、センバツのプラカードの文字を担当する権利を得ていた。 割り当ては履正社、大阪桐蔭の大阪勢と、明石商(兵庫)の3校。年明けに部員22人全員で校内選考を行い、石田瞳さん(3年)は履正社担当に選ばれた。中3の秋に西宮市中学校連合体育大会で国旗を持ち、甲子園の土の上を行進した思い出があった。「履」の繊細なバランスを求め、半紙を100枚以上費やした。 「自分の字が甲子園の土の上を通るのが、楽しみでした。中止は悔しい。でも、へこんでも、どうにもならないよなと思いました」 約1カ月半後、さらに悲しい知らせを聞いた。4月27日、今度は夏の「書道パフォーマンス甲子園」が中止となった。プラカードを担当する権利をつかんだ「書の甲子園」とともに、目標としてきた舞台だった。 「『また中止か…』という感想でした。どう言葉にしていいか分からない。悔しさもあるし、悲しさもありました。『今の時代、仕方がないのかな?』とも思ったり…。いろいろな感情で1週間ぐらい、このことを考えるのをやめました」 最後の「書道パフォーマンス甲子園」へ、思いは人一倍だった。昨年8月。早朝から新幹線と特急を乗り継ぎ、愛媛・四国中央市で前回大会を視察した。本大会に進めず、立場は観客6500人の1人だった。 「開会式の時点で『なんで自分たちがいないの?』と悔しくなりました。『来年こそ、絶対にみんなで愛媛に行く』と誓いました」 部を引っ張る立場となり「パフォーマンスリーダー」を務めた。今年に懸けていた。最大12人で行う演技に向け、2月の時点で構成を終えていた。本来なら本格的な練習に打ち込む春。憧れの舞台がなくなった。

【関連記事】