Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大阪独自「飲食店ポイント還元」開始!2000円分貰う条件は?中には喜べない店も?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MBSニュース

新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食店などを支援する、大阪府独自のポイント還元キャンペーンが9月18日から始まりました。ただ、店によってはメリットだけではないようです。

大阪府で9月18日から始まった飲食店のポイント還元キャンペーン。以下の条件を満たして飲食店を利用すると2000円分のポイントが還元されます。  【大阪府の飲食店で2000円分のポイント還元の条件】  ▼指定のグルメサイトから予約  (9月18日現在は「一休.com」のみで、今後拡大予定)  ▼大阪府内の飲食店  ▼4人以下  ▼総額5000円以上のメニューで予約  ▼午後3時以降に利用 加えて、今年8月に時短営業などを要請されたミナミの一部エリアだと、さらに2000円分が上乗せされ、合わせて4000円分のポイントが還元されます。

大阪・ミナミにあるステーキ店「神戸牛さくら・なんば松竹座店」。新型コロナウイルスでインバウンド需要がなくなった上に、今年8月には大阪府の要請を受けて時短営業をしていたこともあり、売り上げは前年比で8割も減少しました。それだけに、府独自のキャンペーンには期待を寄せています。

(吉祥グループ・大阪エリア 生田健マネージャー) 「問い合わせも多くて、予約もちょっとずつ増えてきています。10件くらいの予約は入っています。外出して飲食店で食事することが『ダメ』『危険』というイメージから、『注意して飲食に行けば楽しく食事ができる』という風潮になってきていることがすごくありがたいです。」

一方、同じくミナミに4店舗を構える「串かつだるま」。こちらの店でもキャンペーンを歓迎しているのかと思いきや…

(「串かつだるま」第2エリア 岩城隆進課長) 「グルメサイトに手数料がかかってくるというのがありまして、うちの単価からすると、手数料がかかると利益の面で圧迫するところがある。」

客単価が約2500円の「だるま」では、材料費などを差し引いた客1人あたりの利益は500円ほどです。しかし、店が契約する食べログでキャンペーンの対象になるには、この店がサイトの月々の会費のほかに予約が入るごとに1人につき200円の手数料を追加で払わなくてはならないというのです。 1人当たりの利益が半分近くに減ってしまうため、だるまでは心斎橋店以外の3店舗では食べログを使っておらず、キャンペーンの恩恵を受けることができません。そもそも食べログが予約サイトとしてまだ調整中で、ミナミの4店舗の中で唯一ネット予約できる心斎橋店もメリットはまだありません。 (「串かつだるま」第2エリア 岩城隆進課長) 「間でグルメサイトを挟むと、そこには費用がかかってくるので。大阪府・大阪市から何か直接的な支援をやっていただけたら、目に見えやすいし、公平性もあるのではないかなと思っています。」

【関連記事】