Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

J3リーグ・第2節 今治、ホームで沈黙 無観客2戦目 熊本に0―1

配信

愛媛新聞ONLINE

 明治安田J3リーグは4日、ありがとうサービス.夢スタジアムなどで第2節3試合を行い、FC今治は熊本に0-1で敗れ、ホーム開幕戦を飾れなかった。通算成績は1分け1敗(勝ち点1)。  FC今治は前半13分に失点。後半は攻勢に転じるも、ゴールを奪うことができなかった。  FC今治は次節、11日午後4時から、同スタジアムで鹿児島と対戦する。入場数を制限した上で観客を迎える今季初めての試合となる。  【評】FC今治は後半巻き返したが、前半の失点が痛かった。  前半は立ち上がりこそ攻め込んだものの、熊本の速いプレスやパスワークに苦しんで防戦一方。13分に右サイドからのクロスに頭で合わされ先制された。  後半は途中出場の林や原田がシュートを放つなど徐々にリズムをつかんだが、ゴールネットは揺らせなかった。 ◆リーグへの慣れ必要◆  【FC今治・リュイス監督の話】 前半は熊本がすごく良かったため、ハーフタイムに修正を図った。Jに上がって2試合目、まずはリーグに慣れることが必要。観客が入る次節こそ、ファンに勝利をプレゼントしたい。 ◆豪雨の熊本へ勝利を◆  【熊本・大木監督の話】 後半はFC今治に上回られた。DFラインが下がりすぎ、ボールを保持できていなかった。熊本の豪雨被災者に勝利を届け、少しでも力になりたいと思っていた。次節も勝てるように頑張る。

愛媛新聞社

【関連記事】