Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“変化への適応力“を高める3つの方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

万事順調と思った矢先に、人生は変化球を投げてくる。ちょっと自分のポジションを変えるだけで済むときもあるけれど、天地がひっくり返ったような気分になるときもある。でも、あなたには適応力が備わっている。これは本当。適応力があったから、幼少時代に最初の一歩を踏み出して、大人になっても数多くの役割を果たしてこれた。 【写真】環境の変化や思わぬ試練を「成長の機会」にするために必要なスキル 伝統中国医学、アーユルヴェーダ、西洋医学の専門家たちによると、適応力は健康そのもの。適応力は生理学的に重要な役割を果たすだけでなく、個人の中でも、対人関係においても、社会的な場でも発揮される。こんな時代だからこそ、3つの戦略で適応力を自分の中心に持ってこよう。

適応力を高める方法1 見識を広める

ポッドキャスト、ニュース、日常の会話の中に、自分とは違う意見を見い出して、物事に対する見方をアップデートしてみよう。普段なら聴かないものや読まないものに目を向けて。どんな疑問が湧いてきて、どんな視点が得られるかな?

適応力を高める方法2 内面をしなやかにする

内面がガチガチに凝っていると、外の世界を柔軟に見ることができない。バランスよく食べ、体を動かし、しっかり眠り、感謝の気持ちを忘れなければ、内面がしなやかで健康になり、適応力が増していく。

適応力を高める方法3 失望を学びに変える

ガッカリすることがあっても、それを拒否したり非難したりするのではなく、そこから学べることを探してみよう。その状況をプラス思考で捉えると共に、心身を一体にして、学びやウェルビーイングの観点からじっくり考えることも大切。 ※この記事は、アメリカ版『Prevention』から翻訳されました。

【関連記事】