Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TikTokはSNSマーケティングの新機軸になりうるか?【eMarketerレポート】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

このほどビジネスインサイダー・インテリジェンスとeMarketerが統合され、デジタルトランスフォーメーションに焦点を当てた世界有数の調査会社Insider Intelligenceが誕生した。今後この欄では、eMarketerによるレポートも多数掲載していく。 【全画像をみる】TikTokはSNSマーケティングの新機軸になりうるか?【eMarketerレポート】 この記事はeMarketerのレポートのなかでも特に読まれている「TikTokを活用したマーケティング(Marketing on TikTok)」のプレビュー版。レポート完全版(有料)はこちらから

ユーザー層の中心は10代

TikTok(ティックトック)はインフルエンサーだけでなく、マーケターや広告主にとってもソーシャルメディアの新たなフロンティアとなっている。 このアプリの前身となるのが、2014年にローンチされ、Z世代を中心に熱心なユーザーベースを築いてきたソーシャルメディア・アプリMusical.ly(ミュージカリー)だ。中国のメディア・IT企業のByteDance(バイトダンス)が、2017年11月にこれを10億ドルで買収し、すでに保有していたアプリTikTokと統合した。 そもそもTikTokとは何か? 簡単に説明すると、縦構図の短い動画を作成できる動画共有アプリだ。動画の長さの基本は15秒で、再生が終わると最初に戻りループする。複数の動画をつなげて60秒までの長さにすることも可能だ。音楽、フィルター、カット割り、ステッカーなどで工夫を凝らしながら、短い尺のなかでクリエイティビティを発揮できる。 これまでのところ、このプラットフォームは目覚ましい成長を遂げている。TikTokと中国版のDouyin(ドウイン)を合わせた月間アクティブユーザー(MAU)は、8億人になるというデータもある(2019年10月にマーケティング関連のメディアAd Ageが掲載したTikTokの内部資料の数字)。ちなみに、2018年6月に発表されたインスタグラムのMAUは10億人となっている。 ユーザー層の中心は10代で、アメリカでもこの層の利用が伸びている。市場調査とデータ解析を行うYouGovによる2019年9月の調査では、アメリカの13~17歳までのティーンエイジャーの2%がTikTokを「最もよく使うソーシャルメディア・プラットフォーム」として挙げている。 この流れは2020年にさらに加速することが予想され、企業によるTikTok活用の機が熟したと言える。今までのTikTokを活用したマーケティングは、かなりの効果を上げている。このプラットフォームをいち早く使った広告主やマーケターが先発者利益を得た形だが、これからでも参入の余地は大いにある。

【関連記事】