Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ガンディーはぞっとするほど不快」チャーチルの極悪非道な人種差別

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
プレジデントオンライン

歴史を振り返ると、大きな業績を残した偉大な政治家ほど「悪い」一面を持っている。『悪党たちの大英帝国』を刊行した関東学院大学国際文化学部の君塚直隆教授は、「たとえばイギリスのチャーチル首相はマハトマ・ガンディーについて、『ぞっとするほどの不快感を与える』と人種差別的発言をしている」という――。 【写真】君塚直隆『悪党たちの大英帝国』(新潮選書) ■絶対的な権力は絶対的に腐敗する  ――近年、世界を指導者たちの顔ぶれを見ていると、なぜか「悪党」っぽく見える人ばかりのような気がします。  たしかに、そのような印象もありますね。しかし、歴史を振り返れば、これまでも「悪党」が権力を手にする例はたくさんありました。イギリスを代表する歴史家のアクトン男爵(1834~1902)は、「権力とは腐敗する傾向にある。絶対的な権力は絶対的に腐敗する」と述べています。  ――指導者たちが「悪党」ばかりなのは、あきらめるしかないということですか。  そうではありません。アクトン男爵は上記の言葉に続けて、「偉大な人物というのは大概いつも悪党ばかりである」「より偉大な名前がより大きな犯罪と結びついている」とも述べています。  つまり、同時代の人びとから見ると「悪党」としか思えないような指導者でも、そして実際に多くの悪事を働いていたとしても、歴史的な視点で見ると、偉大な業績を残している人物というのは意外に多いということです。

■6人の妻を娶(めと)り、うち2人を処刑した暴君  ――例えば、どのような人物がいるのでしょうか。  私が『悪党たちの大英帝国』(新潮選書)で取り上げた「悪党」は7人いますが、例えばヘンリ8世(1491~1547)などはその典型でしょう。  「好色漢」として知られ、6人の妻を次々と娶(めと)り、そのうち2人を離縁し、2人を処刑し、1人は出産後すぐに亡くなりました。また、正式な妻にはならずに愛妾として彼の子を宿した女性も数知れないと言われており、その好色ぶりは後世までの語り草となっています。  また「浪費癖」もすさまじい。ヘンリは、戦争を繰り返すことで巨額の戦費を濫用し、平和なときでも美食とおしゃれでお金を浪費し、年間の衣装代は4,000ポンドに及んだとされています。彼が1年間に作らせていたシャツは200着、帽子は37個、タイツは65~146組の間、靴下は60組、サテンの靴、ベルベットのスリッパ、革製のブーツなど履物は175組にのぼりました。 ■それでも「弱小国イングランドを大英帝国へと押し上げた君主」  ――絶対に夫にはしたくない男ですね。  さらに付け加えれば、「残虐性」も強く、ヘンリは公の場で最も多くの処刑を行わせた王だったかもしれません。上記2人の王妃に加え、枢機卿(すうききょう)1人、貴族とその家族20人以上、政府高官4人、側近6人、そして大小修道院長や宗教的な反乱に加担したものなどを含めれば優に200人を超えます。  ――そんなひどい男が、どんな業績を残しているというのでしょうか。  ヘンリ8世は、辺境の弱小国だったイングランドを、世界に冠たる大英帝国へと押し上げる基礎を築いた君主だと評価されています。まずローマ教皇と袂(たもと)を分かちイングランド国教会を形成し、宗教的な独立を果たしました。そして、スコットランドの併合には挫折するものの、ウェールズとアイルランドを併合し、また外交にも力を注ぎ、曲がりなりにも強大国フランスに対抗できるだけの国力を身につけました。しかも、意外なことに、それまでの王とは異なり議会を尊重する政治を行い、のちのイギリスの議会政治の布石を打った君主という評価もできるのです。

【関連記事】