Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

環境改善を目指すエシカルなお米 五つの社会的意義を持つ「晴れの国うまれ 里海米」

配信

オーヴォ

 エシカルとは「道徳的な」という意味の英語。外出自粛に伴って発生した一部商品の買い占めは、社会や環境に配慮した“エシカル消費”を考えるきっかけとなった。岡山パールライス(岡山県総社市)は、エシカル消費について多くの人に知ってもらいたいと、五つの社会的意義を持つお米「晴れの国うまれ 里海米」を6月22日(月)に発売する。  岡山では瀬戸内海で育ったカキの殻を有効利用する循環型環境保全事業「瀬戸内かきがらアグリ」を進めていて、その一環としてカキ殻を使って土壌改良した田んぼで米作りを行っている。そのお米が「晴れの国うまれ 里海米」だ。1)身を取った後のカキ殻の有効活用のほか、2)窒素を封入して鮮度を長期間維持することによる食品ロスの削減、3)パッケージにバイオマス包材を使うことによる温室効果ガスの削減、4)無洗米加工による水質汚染の低減、が期待できる。そして、1商品に1ポイントを付加し、1ポイント=1円として「瀬戸内かきがらアグリ基金」に積み立て、瀬戸内海の里海再生活動に活用するという。  品種はコシヒカリ・きぬむすめ・朝日の3種類。希望小売価格は2kgで税別980円。

【関連記事】