Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソニー、ファナック、キーエンスが5日続落! 日経平均株価は小反発

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

株式市場の振り返り-“夏枯れ相場”の中で日経平均株価は安値引けながら小反発

2020年8月21日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)  ・日経平均株価 22,920円(+39円、+0.2%) 小反発  ・TOPIX 1,604.0(+4.8、+0.3%) 小反発  ・東証マザーズ株価指数 1,134.4(+26.3、+2.4%) 大幅反発 東証1部上場銘柄の概況  ・値上がり銘柄数:1,330、値下がり銘柄数:718、変わらず:124  ・値上がり業種数:26、値下がり業種数:7  ・年初来高値更新銘柄数:69、年初来安値更新銘柄数:1 東証1部の出来高は9億1,028万株、売買代金は1兆6,777億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。特段目立った材料がない中、5日連続で売買代金が2兆円割れの薄商いが続いています。出来高も5日連続で10億株を下回っており、夏枯れ相場真っ盛りという状況にあるようです。 そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移しましたが、寄り付き後の買い一巡以降は上げ幅を縮小し、終わってみれば安値引けでした。終値も連日で23,000円を割り込んでいます。取引時間中の高値は23,135円(+255円)、安値は22,920円(+39円)となり、値幅(高値と安値の差)は約216円でした。 なお、TOPIXも同じような値動きで小反発となりました。

東証マザーズ株価指数は大幅反発、売買代金は87日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億1,385万株、売買代金は2,765億円となりました。 出来高は前日よりやや減少しましたが、売買代金は小幅増加となっています。個人投資家の物色意欲が盛り返した結果、売買代金は87日連続で1,000億円を超え、さらに7日連続で2,000億円を上回っています。 また、株価指数も大幅上昇となる反発で、約2年2カ月ぶりの高値更新となりました。

ソニー、ファナック、キーエンスが5日続落、西松屋チェーンは一時爆騰で年初来高値更新

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄  ・エムスリー <2413>  ・ファーストリテイリング <9983>  ・ダイキン工業 <6367> 大型株では、エムスリー、日東電工 <6988> 、トレンドマイクロ <4704> などが買われて年初来高値を更新し、ハイテク株ではオリンパス <7733> が値を上げて年初来高値に近付きました。 また、小売り株の一角に見直し買いが入り、前日に業績予想の上昇修正を発表した西松屋チェーン <7545> が一時+14%高の爆騰となって年初来高値を更新し、しまむら <8227> とケーズホールディングス <8282> も年初来高値更新となっています。 その他では、ゲーム関連銘柄の物色が続く中で任天堂 <7974> が大幅高で年初来高値を更新したことが目を引きました。 日経平均株価の下落に寄与した下位3銘柄  ・ファナック <6954>  ・リクルートホールディングス <6098>  ・ファミリーマート <8028> 大型株では、米中貿易摩擦の懸念拡大の影響を受けた銘柄が目立ち、週初に年初来高値を更新したばかりのソニー <6758> が売られ続けて5日続落となり、ファナックとキーエンス <6861> も大幅安で5日続落となりました。 その他では、三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> や三井住友フィナンシャルグループ <8316> などの銀行株が冴えない値動きとなっています。

葛西 裕一

【関連記事】

最終更新:
LIMO