Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

60歳台前半の在職老齢年金制度が見直しへ。働きながら年金が全額受けられるかも?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

老齢厚生年金を受けられる人が在職している場合、在職老齢年金制度により年金が減額される仕組みがあります。 しかし、2022年4月から、60歳台前半の老齢厚生年金について、そのカットされる年金の算出方法が変わることになり、その結果、減額対象となる額が減り、働きながら年金の全額を受けられる可能性も高まります。

現行の基準額は28万円!

老齢厚生年金は、60歳台前半で受けられる年金と、65歳以降終身で受けられる年金に分かれています。会社員の場合、男性は1961年4月1日以前生まれ、女性は1966年4月1日以前生まれであれば、受給資格を満たすことにより、60歳台前半の老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金)が受けられます。 しかし、60歳台前半でも65歳以降でも、老齢厚生年金を受けられる人が引き続き在職していて、厚生年金被保険者となっている場合、その年金額や在職中の給与や賞与の額により、年金が支給停止、つまりカットされます。 カットされる額は月単位で計算されますが、60歳台前半の場合、【図表1】のとおり給与(標準報酬月額)、直近1年以内に受けた賞与(標準賞与額)の12分の1、年金の月額を合計して28万円を超えるとカットされます。つまり、基準額は28万円で、この基準額を超える場合は、たとえ少しでも年金が減額されることになります。

もし、年金の月額が10万円で、給与(標準報酬月額)が30万円、賞与なしであれば、合計40万円(10万円+30万円+0円)となって、28万円を超えることになり、Aの計算式をもとにカットされる額を計算します。その結果、年金は10万円のうち6万円がカットされ、残りの4万円が支給される計算になります。

60歳台前半も47万円基準に

このように28万円基準で計算すると、年金が10万円の場合であれば、給与が30万円程度であっても、年金の6割がカットされてしまいます。しかし、この28万円基準による在職老齢年金制度については、就労意欲を阻害しているという批判がありました。そのため、この基準が2022年4月より緩和されることになります。 現在、65歳以降の老齢厚生年金(報酬比例部分)の在職老齢年金制度については、【図表2】のように47万円(2020年度の場合)の基準額で計算します。

【関連記事】