Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ>22日、千葉県内43人感染判明 成田空港利用の30代帰国者も陽性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 千葉県内で22日、43人の新型コロナウイルス感染が判明した。感染経路不明は少なくとも23人。累計2738人に増えた。重症者はいないが、佐倉市の70代会社員男性、鎌ケ谷市の70代無職男性、大多喜町の50代会社員男性3人の症状がやや重く、肺炎と診断されている。  県疾病対策課によると、クラスター(感染者集団)が発生している精神科病院「八千代病院」では、10代女性看護助手の感染が分かった。同病院での感染者は16人目。女性は「療養病棟」内のこれまでに感染者が確認されていない1階で勤務していた。県は職員と患者の濃厚接触者を調査し、検査を行う。  インドネシアから帰国した愛知県居住の30代男性会社員は、8日の帰国時に成田検疫所で行った検査では陰性だったが、県内のホテルで待機中に発症し、21日の検査で陽性となった。発生届が県内の病院から出ているため、千葉県の患者として発表された。  柏市は22日、都内の接待を伴う飲食店従業員で市内居住の30代女性が感染したと発表した。軽症。同店で他の感染者はおらず、感染経路は不明。同居家族3人を検査する。11、13日に勤務しており、通勤でJR常磐線、JR総武線、東武野田線を利用していた。  また、柏市教委と県によると、市立柏第二中学校勤務の30代男性教員が感染した。19日に発熱があったため、20日の検査で陽性と分かった。校内に濃厚接触者がいないことから学校は休校しない。  感染者の居住地は▽松戸市9人▽船橋市7人▽千葉市4人、市川市4人▽浦安市3人、我孫子市3人、習志野市3人▽鎌ケ谷市2人、佐倉市2人▽八千代市1人、柏市1人、木更津市1人、袖ケ浦市1人、大多喜町1人▽愛知県1人。

【関連記事】