Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NTTデータら、脳科学とAIで音楽トレンドを可視化 ヒットソング予測に成功

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

NTTデータ、NTTデータ経営研究所、阪神コンテンツリンクは、所属アーティストの躍進を目指すレコード会社などに向け、アーティストの発掘・育成やマーケティングの支援、ストリーミング事業社などに向けたチャートデータや脳情報を基にしたプレイリストの制作支援などのサービスのトライアル提供を2020年9月から開始すると発表した。 現在、デジタル技術の発達に伴い、ストリーミングサービスや動画配信サービスなど音楽の楽しみ方が多様化している。 同社らは、音楽に対する人間の反応を科学的に把握するため、NTTデータの人間の脳活動を推定する技術「NeuroAI」と、阪神コンテンツリンクのBillboard JAPANの総合ソングチャートHOT100のデータを組み合わせた共同研究を2019年9月から実施。 2016年12月から2020年5月までにチャートインした2185曲を対象に、楽曲を聴いた際の推定脳活動・音色の特徴、歌詞、コード進行や過去のチャート情報等の楽曲特徴を利用し研究を行った結果、以下の技術開発に成功したという。 ・楽曲の脳情報化による新たな特徴の獲得(脳情報化された楽曲特徴の類似性が評価可能に)

ヒットソングの特徴の可視化(「ヒットの要因」を脳情報や歌詞・コード進行などの楽曲特徴から把握)

未来の音楽トレンド予測(どんな楽曲がトレンドとなるのか4か月程度先まで予測)

これにより、どのような特徴を備えた楽曲がトレンドとなっているのか、そして今後どうなるのかの定量的な評価が可能となり、思いもよらないヒットソングが突然現れるマーケットへの適応が期待されるという。 なお、レコード会社、音楽出版社、マネジメント、広告代理店などに向けた、新たなサービスのトライアルの想定ユースケースに関しては以下。 ・トレンド楽曲特徴を踏まえた、リリース曲の選定サポート ・CMタイアップソングの選定サポート ・リリース時に発信するプラットフォームの選定サポート ・Sound Cloud、YouTube、Bandcamp等における新人発掘サポート ・海外展開における海外市場のモデル化とその利用 3社は、今後も音楽チャートと脳科学的な分析を組み合わせた研究開発を進め、精度向上とサービス提供、新しい角度の音楽トレンドの発信を行い、音楽マーケットのさらなる興隆に貢献していくとしている。 また、NTTデータおよびNTTデータ経営研究所では音楽にとどまらず、今回の手法を動画広告・テレビ/ネット番組など多様なメディアに適用し、脳情報化とモデル作成によるコンテンツ最適化サービスを提供していくとのことだ。

【関連記事】