Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

さいたまブロンコスが挑む選手との新たな契約の形・その2 「選手兼アカデミーコーチ兼営業マン 田中良拓」

配信

VICTORY

バスケットボール男子B3リーグのさいたまブロンコスが6月1日、主将でシューティングガード(SG)の田中良拓(30)、ポイントガード(PG)のモーガン・ヒカル・エイケン(25)、PGの吉川治耀(24)、SGの山口力也(24)の4選手と2020-21シーズンの選手契約をオンライン交渉の末に締結した。キャプテン、選手としてだけでなくアカデミーコーチ兼営業マンとしても新オーナーの池田純氏(44)に期待されている田中がインタビューに応じ、異例の契約を結んだ現在の胸中を明かした。

■選手兼アカデミーコーチ兼営業マン

今年3月、プロ野球横浜DeNAベイスターズ初代球団社長で、一般社団法人さいたまスポーツコミッション(SSC)の会長を務める池田純氏がさいたまブロンコスのオーナー兼取締役に就任したとのニュースは、メディアやファンを大いにざわつかせた。閑古鳥が鳴いていた横浜スタジアムを常時満員にするプロ野球界屈指の人気チームを作り上げた池田オーナーが、今回まず着手したのがコロナの時代の新しい選手契約、いわゆる”二足のわらじ契約”を形にすることだった。その中で、キャプテンを務める田中は「選手兼アカデミーコーチ兼営業マン」として新生ブロンコスと契約を更新。決断に至った理由を、こう明かす。 「例えばバスケット選手としての生活が終わったら、人生はそこからの方が長い。今後に何か役立つことがあるかもしれないし、自分はコーチのライセンスも持っているので、子供たちに教えて経験を積むという面では良い環境になるのではないかなと思いました。バスケットの普及とか、地域で盛り上げていきたいとか、そういうところを理解しながら、僕も何か力になりたいと思っています」 インタビュー「その1」では自身のアパレルブランドを運営し、小柄でもダンクができるという特技を持つモーガン・ヒカル・エイケンが「選手兼アシスタントデザイナー兼ダンク担当」という異色の契約を結んだことを紹介した。同様に、田中はコーチのライセンスを持つという“武器”を活かし、スポーツを通じた地域創生を図る上で一つの大きなカギとなる「アカデミーコーチ」の役割も担うことになった。 「子供たちに教える機会って、これまではそんなになかったので前向きに捉えています。やはり、(バスケットボールを)やるのもそうですけど、見てもらって『楽しそう』とか『すごい』と思ってもらうことが大事。SNSなどでも広めていければと思いますし、まずは見てもらうことだと思います」 これまでとはかなり異なる契約の形を、そうポジティブに捉えられるきっかけになったのが、池田オーナーとのオンライン会議システム「Zoom」を使った数度の面談だったという。「選手としてのプレーも大事だし、池田オーナーが(Zoom面談で)熱く語られていた『埼玉にバスケットを広めて盛り上げていきたい』というのも大事なこと。3年間(埼玉ブロンコスに)いて、お客さんも少ないことが結構あったので、多くのお客さんに見てもらいたい思いが強い。そこを盛り上げていくための何かを、少しでもできたらなと思います」とチーム、バスケットボール、地域を盛り上げるきっかけになるのが、とにかく「見てもらうこと」だと強く認識。そこにつながる一つの活動としてアカデミーに視線を向けている。

【関連記事】