Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

惜しい!発想は良かったけど、販売不振に終わった日産の迷車3選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

「やっちゃえ日産」のキャッチコピーで話題の日産。今回は、かつて本当にやっちゃって、不発に終わったモデルを厳選してご紹介します。 ■今見ても斬新なデザイン!キューブキュービック、NXクーペ、ティーノの内外装はコチラ コンセプトや発想は非常に良かったものの、実用面や日本でのニーズにマッチしなかったため、販売台数が伸びなかった惜しいモデルばかりです。 ▼これまでご紹介した名車は関連記事をチェック!▼

ほぼそのままの見た目で7人乗りのキューブキュービック

2003年にデビューしたキューブキュービックは、見た目こそコンパクトカーのキューブですが、7人乗車することができる室内レイアウトを採用しています。ホイールベースの延長により、居住スペースを拡大し、3列7人乗りを実現。とはいえ3列目のスペースはかなり狭く、緊急用シートとしてぐらいでしか役割を果たせないものでした。 期間限定車や特別仕様車を毎年リリースしていましたが、2008年にキューブのフルモデルチェンジとともに、ラインナップから姿を消してしまいました。 ■キューブとの見分けポイントはどこ? ベースとなっているコンパクトカー キューブとの見分けポイントは、ごくわずかしかありません。横方向へのアクセントが特徴のフロントグリル、立方体を表す「3」が付されたリアエンブレム、よく見ると少し長いリアドアの3つがキューブと見分けるコツです。 ■日産 キューブキュービックの中古車相場 ・中古車掲載台数:83台 ・中古車相場:11万円~74.4万円 ※中古車掲載台数および相場は、2020年9月23日時点のデータ

秘書のためのコンパクトスペシャリティカー NXクーペ

1990年に登場したコンパクトスペシャリティクーペがNXクーペです。当時アメリカを中心に流行していた「セレクタリーカー」として開発されました。 NXクーペは7代目サニー(B13型)をベースに作られ、ボディタイプは、クーペの他にTバールーフもラインナップ。メインターゲットが北米であったことや、S13シルビア・180SXが表立っていたことが影響し、日本では日の目を見ることなく1994年に生産を終了しました。 ■個性的な装備が特徴のNXクーペ 日産 NXクーペは、コンパクトながらスペシャリティなクーペであるため、独特な個性を持っています。ボディの塗装は、通常塗装の他に、「スーパーファインコート塗装」をメーカーオプションで選択できました。 スーパーファインコート塗装は、フッ素樹脂塗装のことで、施工後の光沢が落ちにくいといったメリットがあります。さらに、撥水・耐候性能が高く、洗車キズやシミの発生を防ぐ効果もある優れもの。また、ドア開口部には傘の収納スペースが設けられていました。 ■日産 NXクーペの中古車相場 ・中古車掲載台数:4台 ・中古車相場:54万円~70万円(応相談含む) ※中古車掲載台数および相場は、2020年9月23日時点のデータ

【関連記事】

最終更新:
MOTA