Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「寝技無しのルール改正も…」“濃厚接触”柔道と東京五輪への危機感、溝口紀子が明かす

配信

REAL SPORTS

東京五輪は遠い──。1年延期が決定したものの、来年のオリンピック開催のために解決すべき問題は山積している。柔道などのコンタクトスポーツはさらに前途多難な状況であり、いまだ活路を見出せていない。日本女子柔道界のパイオニアであり、現在はスポーツ社会学者として活動する溝口紀子は「立場が違うと同じ正義とは限らない」と語り、「もっと人の意見を聞こう」「もっと話し合おう」という雰囲気をつくり、議論を重ねるべきだと主張する。 (インタビュー・構成=布施鋼治、写真=KyodoNews)

活路を見出せないコンタクトスポーツ

バルセロナ五輪・女子52kg級で銀メダルを獲得し、現在はスポーツ社会学者として活動する溝口紀子・日本女子体育大学体育学部スポーツ科学学科教授。その大胆かつ斬新な意見がテレビのワイドショーでもおなじみになりつつある彼女に、新型コロナウルス感染拡大の影響で延期となった東京五輪について聞いた。 ──東京五輪が1年延期されるというニュースを耳にした時、どんな感想をお持ちになりました? 溝口:あの時は世の中全体が目に見えない新型コロナウイルスに振り回されてしまっていた感がありますが中止にならずよかったです。とはいえ今年予定していたオリンピック関連のイベントは全部中止になってしまった。スポーツのイベントは全部オリンピックに合わせて4年前から組んでいます。地方都市もキャンプ招致で各国の選手を迎え入れる予定でした。さらに聖火リレーもあれば、オリンピックに対する機運は全国規模で高まる。そういった地方の経済効果もすべて白紙になってしまった。 ──問題は東京だけではない、と。 溝口:お金の面でいえば、期待していたのは東京だけではなく、地方の行政や企業もです。 ──目の前にあった大きな目標の前に突如大きな暗幕が張られた感じですね。 溝口:そうなんですよね。いまオリンピック代表になるような選手は(待遇を考えたら)ほとんどプロ。もっというと、オリンピックが地元開催することで、多くの選手がプロ化したんですよ。 ──今回は地元開催だっただけに、東京五輪を狙えそうな選手の待遇は破格という話を聞いたことがあります。 溝口:より専業化したことで、収入も増えると期待していた選手も多いと思います。ところが新型コロナウイルスが発生してしまったら、職がなくなってしまったわけですよ。本来ならば民間企業の従事者として毎日一定の給料をもらえていた。しかし、プロ契約をしたことで定額をもらえるケースもあるけど、契約内容次第ではもらえなかったり。さらにコロナ禍でスポンサー企業から支援を打ち切られたり減額されたりした選手もいます。 ──私の知人にも所属が変更になった選手がいます。 溝口:いまのスポーツは経済活動の一つで、アスリートも一事業者ということになっている。ところがコロナ禍によって経済活動が停止してしまった。緊急事態宣言は解除になったけど、柔道などのコンタクトスポーツの完全再開は前途多難です。 ──はい。レスリング同様、胸を突け合わせる攻防が多いですからね。 溝口:そうなんですよ。先日、都柔連(東京都柔道連盟)から「どうやって再開するのか」という趣旨のアンケートがきました。本当に手探り。全然まだ活路を見出していない。 ──どうすればいいのかという明解な答えを誰も導き出せていない。 溝口:ないです。正解がない中で探さないといけない。いまフランスでは(アスリートの)プロ活動が一切禁止。柔道やレスリングは3つの密を避けなければならないことが前提になってくるので、活動の再開はスポーツの中でも一番あとになってくるんじゃないですかね。頭を突け合わせたり、抱きついたりしてゴロゴロするわけですからね。だとすると、私はルール改正という選択肢もありなのかなと思います。そうしないと、来年オリンピック競技としてやれない可能性も出てくると思う。

【関連記事】