Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

蔡國強など7名が参加。「紙」をテーマとした中国現代美術の展覧会が市原湖畔美術館で開催中

配信

美術手帖

 4月4日から臨時休館となっていた千葉の市原湖畔美術館 は、5月28日に再開。3月20日に開幕した「雲巻雲舒―現代中国美術展・紙」展は、7月26日まで会期を延長して開催される。  本展は、現在万営芸術空間のアートディレクターを務め、光州ビエンナーレなどでキュレーションを担当した鄭妍(ツェン・イェン)をゲストキュレーターに迎えた展覧会。「紙」をテーマに、7名の中国の現代アーティストによる作品を紹介する。参加作家は蔡國強(ツァイ・グオチャン)、李洪波(リー・ホンボー)、林延(リン・イェン)、劉建華(リュウ・ジャンファ)、王郁洋(ワン・ユーヤン)、邬建安(ウー・ケンアン)、伍偉(ウー・ウェイ)。  「雲巻雲舒(うんかんうんじょ)」とは、雲が太陽に絡まり、大空に広がる様子を表す中国の言葉。参加作家たちは物理的なものではなく、世界の多様な文化における強制・衝突に対する思考や、環境問題などに向き合う姿勢として様々なかたちで「紙」を表現。作品を通じて、鑑賞者に物事に対する認識を問いかける。  本展には、和紙の上で火薬を爆発させその痕跡を残す蔡國強の「火薬画」が出展。また、ニューヨークを拠点に活躍する、中国の書道や水墨画で使われる「宣紙」を使った林延(リン・イェン)の迷路のような作品や、紙を獣の毛皮に擬態させた伍偉(ウー・ウェイ)の作品は、日本で初展示。国内外で活躍する気鋭の中国出身アーティストの作品を見る絶好の機会となる。

【関連記事】