Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マスク着用が必須の家電量販店 忘れた少年に「3枚990円」で売りつけ

配信

東スポWeb

 東京・新宿にある大手家電量販店では、客のマスク着用を義務付けている。マスクを忘れてきた中学3年生の少年に3枚で990円もする高価なマスクを購入させた“事件”が起きた。  15日、この週に誕生日を迎えた少年が、保護者からもらった祝い金を握りしめてカードゲームを購入しに来店。どうしてもゲームが欲しい…仕方なくマスクを購入して、誕生日祝いのプレゼントを買って、父親の天野雅博氏が経営する定食酒場食堂に向かった。天野氏は語る。 「マスクを忘れて入店できないというなら、1枚なら分かります。なんで3枚990円というボッタクリの高額マスクを子供に売りつけるのでしょうか。恐喝だとして警察を呼んで話したところ、返金はしてもらえました」  本紙はその家電量販店に取材を試みたが、返答はなかった。  緊急事態宣言が解除された39県では、家電量販店やデパートなどの商業施設が続々と営業再開しているが、マスク着用を必須としているところがほとんど。マスクをしていなければ入店不可となるわけで、あるデパートでは1枚50円で販売しているという。  それに比べ、3枚990円はやりすぎだろう。  ビジネス情報ライターは「この家電量販店は支店のスタッフに新型コロナ陽性者が出ています。コロナ対策で後手後手になった分を挽回すべく、コロナ対策を徹底しているのでしょう。それにしても、高値でマスクを売るなんて、コロナ対策に無駄な投資をせずにひと儲けという商売魂が垣間見えます」と指摘している。  JR山手線新宿駅の隣、新大久保駅のドラッグストアなどではマスクがほぼコロナ前の値段でたっぷり販売され、余っている。タピオカ店や韓流グッズ店、ハラルフードショップでも安売り。  モンゴル料理店でベトナム製のマスクが50枚1800円で販売されていたりもする。そんな状況で少年に高いマスクを売るのは、父親が怒っても仕方ないだろう。

東京スポーツ

【関連記事】