Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宇都宮ブレックスのディフェンスを前から支える鵤誠司「僕はブレックスに来ることで変えてもらった」

配信

バスケット・カウント

「どの選手に対しても守れる自信は出てきました」

取材=古後登志夫 構成=鈴木健一郎 写真=B.LEAGUE 宇都宮ブレックスのチームスタイルはディフェンスとリバウンド。鵤誠司は2017年の加入から3年で、ポイントガードとしてこのスタイルに完璧にフィットし、チームに欠かせない戦力となった。もっとも、本人は「僕は楽をしたい人間。ブレックスに来ることで変えてもらった」との思いを語る。シーズン中は言葉数の多くない鵤に、自身の成長と目標についてじっくりと語ってもらった。 ──広島ドラゴンフライズから宇都宮に加入して3シーズンが経過しました。その間に安定して結果を出せるようになり、先発出場も増えるなどチーム内での立ち位置を確立した印象がありますが、その手応えは自分でも感じますか?  僕自身がチームに何を求められているのか、それがだんだん分かってきました。それを遂行していればチームのプラスになると意識してやっています。いろんなことをやるのではなく、求められているものをコートで表現できるようになってきた感じです。 僕はB2の広島から移籍して、初めてB1のコートでプレーしたんですけど、その時はただ一生懸命やるだけで、徐々にコーチやチームから何を求められているのか分かってきたのが2年目ですね。3年目の今シーズンになると、それを遂行することによって試合に勝てると理解して、迷うこともなくなりました。 具体的にはまずはディフェンスです。コートにいる時間は常にディフェンスを意識していること。次は試合の流れで、流れを変えたり、良い流れを持続させること。チームディフェンスが理解できてきたというのはありますけど、2年目は特にオールコートで当たるのがメインだったので、ボールマンに対してのプレッシャーのかけ方だったり、ボールのないところのディフェンスを意識しました。今シーズンになると、だいたいどの選手とも対戦したことはあるし、慣れてきたというか、どの選手に対しても守れる自信は出てきました。 ──安齋竜三ヘッドコーチも、遠藤祐亮選手と並んで鵤選手のことを『ディフェンスの核』と表現しています。宇都宮はB1でもディフェンスとリバウンドでは屈指のチームですから、そこは自信になるのでは?  自信はあると言えばありますけど、毎試合全部の時間帯でできているかと言われたらそうではないので、まだ伸びしろはあります。もともとディフェンスに苦手意識はなかったのですが、人間ちょっと楽をしたいところがあるじゃないですか(笑)。そういったことが許されない環境にいるのが大きいです。ディフェンスをやらなければ試合に出られないわけですから、出ている時間帯はやっぱりディフェンスにフォーカスを当ててプレーしています。 ──激しく粘り強いディフェンスで評価は確立できました。次のステップとしてはどの部分を伸ばしたいですか?  40分間チームとしてやり続けることも大事だし、言葉では簡単に言えるけど実際できるかと言われたら結構難しいです。いかに毎試合40分間、自分の一番良いパフォーマンスを持ってこれるかは意識しますけど、他のことはあまり考えてないです。もっとシュートを決めたいとかアシストしたいとか、目立った活躍をしたいとか思わないですね。誰にでもできるけど意外と難しいことをやれたらなと考えています。

【関連記事】