Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【陸上】中国選手権・走幅跳の王が8m36 橋岡上回り世界ランク1位

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
月刊陸上競技

9月15日~18日の期間、中国・浙江省で中国陸上選手権が開催されている。 大会初日の15日、男子走幅跳の王嘉男(WANG Jianan)が8m36を跳んで優勝。先日の日本インカレで8m29を跳んだ橋岡優輝(日大)を上回り、今季世界リストトップに躍り出た。張耀廣(ZHANG Yaoguang )が8m33の自己ベストで2位。王は96年生まれの24歳で、自己ベストは2018年に出した8m47。2016年のリオ五輪で5位入賞、昨年のドーハ世界選手権は6位入賞だった。 女子やり投では劉詩穎(LIU Shiying)が自己ベストの67m29(アジア歴代2位)を投げ、アジア記録保持者の呂會會(LYU Huihui)を破って優勝した。100mを制したのは、200mのアジア記録保持者・謝震業(XIE Zhenye)で記録は10秒31だった。

月陸編集部

【関連記事】