Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

既成政党の間隙突いたN国 対決図式や力関係に微妙な変化か 参院埼玉補選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 10月27日に投開票が行われた参議院埼玉選挙区補欠選挙の投票率は、史上最低記録の更新こそ免れたものの、20.81%に低迷した。  県の選挙管理委員会が作成した啓発ポスターや動画では、漫画「翔んで埼玉」に登場するキャラクターが「また選挙か…」「また選挙があるのか!?」と叫ぶが、選挙があることを知らずにいた人の方が多かったのではないのか。  街頭やスマホで選挙のあることに気が付いた人は、「なぜ今なのか」と疑問に思ったに違いない。気を取り直して立候補者の顔ぶれを見れば、この8月まで16年間の長期にわたり知事を務めていた上田清司氏と、つい先日まで参議院議員だったはずのNHKから国民を守る党(N国)党首の立花孝志氏、前知事とユーチューバーの二人だけ。これを一騎打ちというのだろうか。「一体、何の選択なのか」「何を基準に選んだらいいのか」、当惑が募っただろう。一票を投ずるにあたって、乗り越えるべきハードルは大きい。

 にもかかわらず、投票所に出向いた人たちが127万余を数えた。多寡の評価は、ひとまず差し控えたいと思う。  今回の補欠選挙は、現職参議院議員の大野元裕氏が8月の知事選に立候補するため、任期途中で議員を辞めたことに発する。大野氏が、7月に実施された参議院の通常選挙前に辞職すれば、補選も同時に行われ10月の単独選挙の必要はなかった。なぜ、そうならなかったのか。当時、現職知事だった上田氏が大野氏の後任の座を目指していたからだろう。大野氏によるアシスト、つまり、知事選への立候補時点まで参議院議員を続けたおかげで、上田氏は4期目中途で辞めずに、知事の職を全うすることになった。しかも、単独の補選となれば、全県一区の定数1ゆえに、埼玉の顔として世間に露出し続けてきた上田氏が極めて有利なことは明白だ。  上田氏がおもむろに立候補を表明すると、与党の自民は独自候補を擁立せず、野党各党も、立民をはじめ共産までもが候補者を立てず、無投票すら想定された。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS