Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マカオの20年第1四半期のMICE開催件数7割減…新型コロナの影響で2月以降延期や中止相次ぐ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マカオ新聞

 マカオ政府統計調査局は5月30日、今年第1四半期(2020年1~3月期)にマカオで開催されたMICE(会議・研修、インセンティブ活動、国際・学術会議、エキジビション)に関する統計を公表。  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、2月以降のイベントで延期や中止が相次いだことから、今年第1四半期のMICE開催件数は前年の同じ時期から69.8%減(263件減)の114件、参加・入場人数は75.9%減の8.0万人(延べ、以下同)にとどまった。  コンベンション(会議)の開催件数は253件減の109件、参加者数は80.2%減の1.7万人。このうち、4時間以上の会議が81件あったが参加者数は81.4%減の1.4万人。会議全体の平均開催期間は前年同時期から0.1日短い1.4日、使用会場総面積は71.0%縮小の7.9万平米。  エキジビションは7件減の3件で、いずれも1月に開催された民間主催のもの。入場者数は73.3%減の6.3万人。エキジビション全体の平均開催期間は前年同時期から0.6日短い3.0日、使用会場総面積は74.7%拡大の7750平米。  インセンティブ活動は3件減の2件、参加者数は95.4%減の604人、使用会場面積は98.1%縮小の2145平米、平均活動時間は0.1日短い1.5日。  今年第1四半期に開催された3件のエキジビションの主催者提供資料によれば、売上合計は47.6%減の490万マカオパタカ(日本円換算:約6600万円)、経費合計は91.0%減の309万マカオパタカ(約4162万円)。売上の内訳はブース出展者からの賃料が85.0%、政府及びその他機関による補助金が残る15.0%。経費の内訳は宣伝・PR費が34.0、設営費が27.4%、会場レンタル費が20.1%。売上から経費と政府及びその他機関による補助を除いた利益は108万マカオパタカ(約1455万円)で黒字だった。  今年第1四半期のエキジビション出展社数は176で、地域別では地元マカオからが48.3%、香港からが46.0%を占めた。出展者119人から回答を得たアンケート調査結果によれば、売上の95.5%が商品販売によるもので、支出の66.9%をブース賃料、21.6%をブース設営費が占めたという。

【関連記事】